法人のお客様システムカメラHXCU-FZ90特長
特長

4K出力に対応

本機を、4K対応オプションソフトウェア『HZC-UHD9』をインストールしたマルチフォーマットポータブルカメラ『HXC-FZ90』と接続することで、4K信号出力(2000TVL)が可能です。HDR / SDRの同時出力にも対応し、ソニーの提唱する4K HDR / HD SDRのサイマル制作ワークフローSR Live for HDRに対応します。

マルチフォーマットに対応

標準で1080/59.94iに加え、プログレッシブやPsFなどの各種フォーマットに対応します。4Kでもマルチフォーマットに対応しますので、あらゆるライブ映像制作シーンで活用いただけます。

<対応フォーマット>
HD:1080/59.94i, 59.94p, 29.97PsF, 23.98PsF, 24PsF, 60.00p
4K(*):3840x2160/59.94p, 29.97p, 23.98p, 24p, 60.00p

* 4Kフォーマット対応ソフトウェア『HZC-UHD9』が必要

フレキシブルなシステム構築が可能

カメラとカメラコントロールユニットの接続コネクターに、2種類のケーブルが接続可能な光電気複合コネクターを採用しています。3パターンの接続/伝送方法でフレキシブルなシステム構築を可能にします。

各種データ伝送機能(トランク機能)に対応

本機は、HD Trunk(カメラ本体からカメラコントロールユニットへの信号伝送)・HD Prompter(カメラコントロールユニットからカメラ本体への信号伝送)に加えて、Network Trunk機能に対応します。HD Trunk機能により、『HXC-FZ90』で撮影中のHD映像信号に加えて、本機のSDI端子に入力したHD映像信号を、一本の光ファイバーケーブルでカメラコントロールユニットに同時に伝送できることに加え、Network Trunk機能によって、カメラ機器のネットワーク制御信号もやり取りすることが可能です。『HXC-FZ90』とカムコーダーなどの光伝送機能を有しないカメラとを組み合わせて撮影する際に、カメラ映像やネットワーク制御信号の伝送用ケーブル敷設作業を軽減するなど、運用状況に応じたシステム構築が可能となります。

コントロールパネルを標準搭載

フロント面にコントロールパネルを標準で装備しています。本機より、アイリス、ホワイト、ゲインなどの調整がカメラコントロールユニットから行えます。『RCP-3501』などのリモートコントロールパネルを使用した制御も可能です。

1.5Uラックマウントサイズ

高さ1.5Uで、19インチのEIA規格標準ラックに組み込むことができます。

システムカメラ サイトマップ
HDCシリーズ
HDC-4800
HDRプロダクションコンバーターユニット
UHCシリーズ
UHCシリーズ
HXCシリーズ
HXCシリーズ