法人のお客様システムカメラHDC-3200特長
特長

新開発のイメージセンサー、シグナルプロセッサー搭載で高画質を実現

新開発の2/3型グローバルシャッター4K CMOSイメージセンサーとシグナルプロセッサーを搭載し、広ダイナミックレンジと高精細でノイズの少ない高画質を実現しています。イメージセンサーにはグローバルシャッター機能を搭載しているため、ローリングシャッター歪みやフラッシュバンドのない映像表現が可能です。スポーツなどの動きの速い被写体の撮影や、高速にパンしたときにも歪みの少ない映像が撮影可能です。

HDC-2000シリーズとの接続互換、共通の周辺機器が使用可能

カメラコントロールユニットは、HDCU-3500 / 3100に加えてHDCU-2500 / 2000 / 1700と接続可能です。ビューファインダーやリモートコントロールパネル、大型レンズアダプターHDLAシリーズなどの周辺機器は従来と同じものが使えます。カメラ更新の際には、既設機器の流用など柔軟なシステム構築が可能です。ST 2110インターフェースキットを取り付けたCCUと接続することで、IPシステムにも対応可能です。

マルチフォーマット対応

1080/59.94i、720/59.94pに加えて、オプションソフトウェアをインストールすることで、さまざまなフォーマットに対応します。

■対応フォーマット:
1080/119.88i、100i ※2倍速対応ソフトウェア「HZC-DFR50」のインストールが必要。
1080/59.94p、50p ※プログレッシブ対応オプション「HZC-PRV50」のインストールが必要。
1080/59.94i、50i
1080/29.97PsF、25PsF、24PsF、23.98PsF ※PsF対応ソフトウェア「HZC-PSF50」のインストールが必要。
720/119.88p、100p ※2倍速対応ソフトウェア「HZC-DFR50」のインストールが必要。
720/59.94p、50p

4K HDRライブ制作にも対応

本機及び接続するカメラコントロールユニットにオプションを追加搭載することで、カメラコントロールユニットから4K信号の出力が可能となり、4K HDRライブ制作ワークフロー“SR Live for HDR”にも対応します。HD制作と同様のオペレーションで4K HDR / HD SDRの同時制作を実現します。HDC-3200にプログレッシブ対応ソフトウェア「HZC-PRV50」、HDCU-3500には4K HDRプロセッサーソフトウェア「HZCU-UHD35」またはHDCU-3100には4K HDRプロセッサーボード「HKCU-UHD30」が必要です。

フォーカスポジションメーター機能

カメラ後部のRET/ASSIGNABLEボタンを使って、3つのフォーカス位置を設定することができます。ビューファインダー上でフォーカス位置を視覚的に認識することができるため、フォーカス合わせが容易になります。

※ 画像はHDC-3500です
※ 画像はHDC-3500です

さらに持ちやすくなったハンドル部

ビューファインダーの前後位置調整のロッドをカメラ内部に収納しました。手を入れるスペースが広くなり、さらに持ちやすくなりました。

※ 画像はHDC-3500です
※ 画像はHDC-3500です

大型レンズアダプター HDLAシリーズとの接続に対応

大型レンズアダプター「HDLA-1500シリーズ」「HDLA-3500シリーズ」との接続インターフェイスを有しており、HDLAと組み合わせた大型レンズでの運用が実現できます。

オプションソフトウェア

オプションソフトウェアをインストールすることで、機能を拡張することができます。

2倍速対応ソフトウェア HZC-DFR50
プログレッシブ対応ソフトウェア HZC-PRV50
PsFフォーマット対応ソフトウェア HZC-PSF50
ユーザーガンマ/RGB4:4:4対応ソフトウェア HZC-UG50

システムカメラ サイトマップ
HDCシリーズ
HDC-4800
HDRプロダクションコンバーターユニット
UHCシリーズ
UHCシリーズ
HXCシリーズ
HXCシリーズ