商品情報・ストアデジタル一眼カメラ αα7 IV特長 : 妥協なく進化を続ける動画性能
特長 : 妥協なく進化を続ける動画性能

画素加算のない全画素読み出し4K 60p(*)動画記録を実現

4K動画記録にて、全画素読み出しによる解像感のある高品質な映像を実現しました。また、Super 35mmでは、4K 60p(*)の動画記録が可能になり、動きの速い被写体でも、自然でなめらかな映像を記録できます。さらに、この高解像4K記録に、α7 IVの優れたAF性能、階調・色再現性を組み合わせることで、映像制作のクオリティーを圧倒的に高めます。

* QFHD(3840×2160)時。4K 60p記録は、APS-C/Super 35mm記録モードのみになります

画素加算のない全画素読み出し7Kオーバーサンプリング(フルサイズ時)による高解像4K動画記録

4K動画記録時は、表現や用途に合わせてフォーマットをSuper 35mmとフルサイズから選択することが可能です。フルサイズ時は画素加算のない全画素読み出しにより、4K(QFHD:3840 × 2160)映像に必要な画素数の約3.3倍(7K相当)の豊富な情報量を凝縮して4K映像を出力するため、モアレやジャギーが少なく、ディテール再現や解像感に優れた4K動画画質を実現します。

※ フルサイズ時は4K 30p/24pの記録が可能です

最新の画像処理エンジンが実現する多彩な動画記録モード

新開発のイメージセンサーと新画像処理エンジンの映像処理性能で高い映像品質を実現。また、編集作業にもつながる多彩なフォーマット、記録方式にも対応しています。

[4:2:2 10bit記録]
カメラ本体内 Long GOP/Intra両方で4:2:2 10bit記録が可能。豊かな階調を生かしたグレーディングなど高い編集耐性と自由度を提供します。

[高画質All Intra記録(XAVC S-I記録時)]
フレーム圧縮方式Long GOPに加えて、フレーム間の圧縮を行わないIntra記録に対応(*1)。記録bitレート最大600Mbps(*2)の高画質4Kの本体内記録が可能です。

[MPEG-H HEVC/H.265コーデック記録]
MPEG-4 AVC/H.264比で圧縮効率が約2倍の高効率圧縮コーデック MPEG-H HEVC/H.265を採用した「XAVC HS(TM)」ファイルフォーマット(*3)を搭載。XAVC S(TM)記録時と同等のbitレートであればより高画質に、画質が同等になる設定なら、より低容量な記録が可能です。

*1 ファイルフォーマットメニューでXAVC S-I 4KまたはHDを選択
*2 SDXCメモリーカード(V90以上)またはCFexpress Type Aメモリーカード(VPG200以上)が必要です
*3 編集にはXAVC HSに対応したソフトウェアが必要です

4K解像度での最大2.5倍のスロー動画記録

4K解像度で最大2.5倍(*1)のなめらかなスローモーションにより、印象的な映像表現が可能です。4:2:2 10bitのサンプリングに対応しているほか、圧縮形式はフレーム間の差分情報を用いて圧縮を行うLong GOPおよびフレーム単位で圧縮し高画質記録を行うIntra(All-I)方式も選択できます。また、記録した映像をそのまま、スローモーションやクイックモーションで再生可能なS&Qモード(*2)であれば、XAVC S-I記録で60p記録設定時、最大bitレート600Mbps(4:2:2 10bit、H.264、All-I)(*3)の高画質記録が可能です。フルHD解像度時は120fps(*4)で最大5倍のスロー表現も可能(24p記録設定時)で、動きのあるスポーツシーンなどを印象的に記録できます。

*1 60fps 24p記録時。S&Qモードによる撮影が必要です。音声は記録できません
*2 S&Qモード時、音声は記録できません
*3 XAVC-I 4K記録時、記録フレームレートが30/24p、かつフレームレートが60fpsの時は、CFexpress Type Aメモリーカード(VPG 200)が必要です
*4 APS-C/Super 35mm記録モード時のセンサー読み出し有効画素数1570x886。記録画質が50Mbpsのときは、SDXCメモリーカード V60以上か、CFexpress Type Aメモリーカードが必要です

シネマティックな表現を実現するルック S-Cinetone(TM)

FX9、FX6、FX3などのCinema Lineで好評な、肌色を美しく見せるスキントーンを中心としたルック「S-Cinetone」を搭載。CineAltaカメラ VENICEの開発を通じて得られた知見をもとに作られており、人の肌を描写する際に使われる中間色の表現力をアップさせ、色あいはよりソフトに、ハイライトの描写は被写体を美しく際立たせる自然なトーンです。制作者のさらなるクリエイティブな表現要求に応えます。

業務用カメラとの親和性を高めたS-Log撮影

S-Log2およびシャドウからミッドトーン(18%グレー)にかけての階調特性を重視したS-Log3を搭載。S-Log3設定時は15+ストップ(*)のワイドダイナミックレンジを達成しています。色域はS-Gamut、S-Gamut3、S-Gamut3.Cineに対応。α7 IVでは、S-Gamut3およびS-Gamut3.Cineの色再現性について、ソニーのデジタルシネマカメラVENICE、FX6やFX3などS-Log3搭載の業務用カメラと合わせた撮影、編集がさらに容易になりました。また、本機はS-Log撮影時の最低ISO感度が800で、常用ISO範囲の下限値から2段分(ISO 200-640)低感度側のISO感度が選択可能です。ノイズを軽減した撮影に活用できます。

左:S-Gamut3.Cine/S-Log3 右:カラーグレーディングされた映像
左:S-Gamut3.Cine/S-Log3 右:カラーグレーディングされた映像

* S-Log3時、ソニー内部測定

4:2:2 10bit記録のHLG(Hybrid Log-Gamma)にも対応

HDR対応のピクチャープロファイルとして広色域のBT.2020カラースペースに対応するHLG(Hybrid Log-Gamma)を搭載しました。撮影した映像をHDR(HLG)対応テレビでHDMI接続し再生することで、カラーグレーディングをせずに黒潰れと白飛びを抑えた、肉眼に近いリアリティーのある映像が楽しめます。本機では、10bitの細やかな階調再現性により、α7 III比でさらに豊かで高精細な映像表示が可能です。また、ガンマは4種類のプリセットから選択可能で、[HLG]はITU-R BT.2100相当、[HLG1]、[HLG2]、[HLG3]は従来のカメラの映像表現と違和感を出さずにより広いダイナミックレンジを実現するガンマ設定で、ダイナミックレンジとノイズのバランスがそれぞれ異なるため、シーンに合わせた使い分けが可能です。

※ カメラ本体で再生する場合は、ガンマ表示アシスト機能を使うことで通常のガンマと同等のコントラストを再現することができます。4K HDR、4K 60pをHDMIで出力する場合、Premium High Speed HDMIケーブルが必要です。HLGはα7 IIIにも搭載されていますが、α7 IVでは4:2:2 10bit記録にも対応になります

動画撮影やライブストリーミングでも肌を明るくキレイにする美肌効果

人物撮影時に、顔の小じわやシミ、肌のくすみなどを目立たなくし、目や口元にメリハリをつけて肌をきれいに撮影できる美肌効果機能を搭載。静止画、動画問わず活用可能です。また、目や口元のシャープ感を保ったまま、肌のしわやくすみを低減して自然な印象で写すことができ、美肌を表現します。美肌効果はOFF / LO / MID / HIの4段階から選択できるので、自分好みの美肌効果が得られます。さらに、フルサイズの高い表現力と相まって、静止画、動画撮影時はもちろん、リモート環境でのライブストリーミングやオンラインコミュニケーション時も、より魅力的で美しい映像を投影可能です。

ハンドヘルド動画撮影を強力にサポートする高性能手ブレ補正「アクティブモード(*)」

光学式5軸ボディ内手ブレ補正機能に加え、カメラに内蔵した高精度な手ブレ補正ユニットとジャイロセンサー、最適化されたアルゴリズムにより動画時の手ブレ補正効果を向上させる「アクティブモード」(*)に対応しました。リアルタイム処理能力に優れた新画像処理エンジンBIONZ XRが、手ブレ量を高精度に検出し光学的に補正することで、圧倒的に安定した動画撮影が可能になりました。ボディ単体で高い補正効果を得られ、αならではの機動性を損ないません。また、手ブレ補正非搭載のEマウントレンズはもちろん、Aマウントレンズなどもマウントアダプターを介して装着可能。さまざまなレンズで使用可能です。メニューは、切/スタンダード/アクティブから選択でき、撮影シーンによって使い分けできます。

* アクティブモードでは撮影画角が少し狭くなります。焦点距離が200mm以上の場合はスタンダードに設定することをお勧めします。撮像フレームレートが120fps以上になる記録方式ではアクティブモードは無効になります

Catalyst Browse/Prepareでのメタデータ情報を活用した手ブレ補正編集(*1)

α7 IVでは、ジャイロとレンズ情報をメタデータとして撮影素材に記録し(*1)、Catalyst Browse/Prepare(*2)で活用することにより、撮影後でも手ブレ補正の調整が可能です。

[手ブレ情報メタデータ]
撮影時の手ブレ情報をメタデータとして収録ファイルに付加。Catalyst Browse/Prepare(*2)で活用することにより、手ブレ補正処理を短時間・高精度に行うことができます。たとえば、フルHD 60p収録で6秒のクリップであれば約0.1秒(*3)の高速処理が可能です。また、有償のCatalyst Prepare(*2)を使用することで、複数のクリップを一括で手ブレ補正出力ができるようになりました。

*1 メタデータを使った手ブレ補正機能を使うには、カメラ本体の手ブレ補正機能を[切]または[アクティブ]にして撮影してください。120fps選択時はジャイロデータの書き込みは行われません
*2 Catalyst Version 2021.1以降にてサポート
*3 弊社測定環境での実測値です。環境により異なります

映像表現の幅を広げる動画AFの進化

α7 IVでは動画撮影時のオートフォーカスも大きく進化。リアルタイム瞳AFの動物、鳥対応に加え、AF/MFのシームレスな切り換えで被写体のフォーカス移動を容易にするAFアシスト、ピントの合う範囲(被写界深度)をライブビュー画面に映し出すフォーカスマップなど、妥協のない動画撮影機能の充実でクリエイティブな映像表現を強力にサポートします。

動画撮影時にもリアルタイム瞳AFの動物・鳥対応(*)

α7 IVでは、動画撮影時の動物や鳥のリアルタイム瞳AFに対応しました。静止画撮影時と同様に、あらかじめ検出対象を動物もしくは鳥に設定しておくことで、動きのある動物や飛んでいる鳥、止まっている動物や鳥の瞳を高速・高精度に自動検出し、追随します。動画撮影で追い続けることが難しい鳥を高い追随性で撮影するために、オートフォーカスとトラッキングのアルゴリズムを最適化しています。

* すべての動物・鳥が対象ではありません。人、動物、鳥ではモードの切り換えが必要です。シーンや被写体の状態によってはうまくフォーカスが合わない場合があります

動画撮影時の瞳AFの右目/左目選択(人物・動物(*))

フォーカスする瞳を自動的に選択する以外に、右目または左目をあらかじめ指定しておくことができるようになりました。たとえば、ポートレート撮影時、あらかじめ狙いたい目が決まっている場合などに構図や撮影に集中できます。メニュー「右目/左目選択」より、[右目]、[左目]、[オート]のいずれかを設定可能。瞳AFでの撮影時に設定が反映されます。さらに、「右目/左目切換」をカスタムボタンに割り当てておくことにより、撮影中もボタンを押すたびに瞬時に[右目]、[左目] の切り換えが可能です。シーンに応じて使い分けできます。

* 鳥には対応していません。また、すべての動物が対象ではありません。人、動物ではモードの切り換えが必要です。シーンや被写体の状態によってはうまくフォーカスが合わない場合があります
※ シャッター半押し中は、瞳の切り換えはできません

AF中のフォーカストランジションをサポートするAFアシスト(*)

AFでの動画撮影中、シームレスにMF操作に切り換えることのできるAFアシスト機能を新規搭載しました。Cinema Line FX6で採用されている機能で、本機能をオンにすると、AF中のフォーカスリング操作により一時的にマニュアルフォーカスに切り換えることができ、スムーズに被写体の選択とトランジションが可能になります。リアルタイム瞳AF/顔検出AF時には、複数の人物の中からフォーカスリングを使って狙った人物にフォーカスを合わせることができます。レンズのフォーカスリング操作をやめると、オートフォーカスに復帰し、フォーカスリングで合わせた被写体に粘り強くオートフォーカス動作を継続します。たとえば、複数の被写体がいるシーンでこの機能を使用し、シーン途中で別の被写体にMFでフォーカスを移動させ、その後は切り換えた被写体をAFで追い続けるといったフォーカスワークが容易になりました。動物や鳥のリアルタイム瞳AFとの併用も可能です。多くのリニアレスポンスMF搭載のレンズでより効果的に使用できます。

* E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS、E 18-200mm F3.5-6.3 OSS LEおよび、Aマウントレンズでは使用できません

フォーカシング中の画角変動を抑え、品位ある表現をサポートする「ブリージング補正(*1)」

動画撮影中のフォーカス時に起こるフォーカスブリージング(フォーカスレンズ位置の変化に伴う画角変動)現象を最小化するブリージング補正機能をαシリーズで初めて(*2)搭載しました。ソニー独自の全画素超解像技術を活用し、画角が一定になるように自動で調整することで、フォーカシング中でも画角が変わらず、よりドラマティックなフォーカシング表現が可能となります。また、手ブレ補正アクティブモードとの併用も可能で、手ブレ補正時のブリージングを最小化し安定した高品位な映像制作を強力にサポートします。

*1 本機能は対応レンズでのみ使用できます。本機能を[入]にすると画角と画質がわずかに変化します。本機能を[入]にしても、レンズによっては、補正しきれない場合があります。動画120p、S&Qモードの120pでの撮影時、静止画モードでの撮影時は本機能は使用できません
*2 2021年12月広報発表時点、ソニー調べ

映像の被写界深度を可視化、フォーカシング設定の負荷を軽減するクリエイター待望のフォーカスマップ(*)

動画撮影時の被写界深度を可視化するフォーカスマップ機能を新規搭載。多くのプロクリエイターからの要望を受けて搭載された機能で、フォーカス情報(深度マップ)を、ライブビューの実映像にリアルタイムに重ね合わせることで、ピントの合っている範囲と合っていない範囲を視覚的かつ直感的に画面上で表示します。従来はカメラマンの感覚で行なわざるを得なかった、映像全体の深度設定(被写体位置や被写界深度の決定)やリハーサル時のフォーカス位置・深度の設定を、可視化して確認できることで、動画フォーカシングの利便性が飛躍的に向上します。また、映像の高精細化と明るいレンズによる浅い被写界深度での印象的な表現を強力にサポートします。AF時/MF時どちらでも使用でき、ピーキング機能との併用も可能です。

* 下記条件時は本機能は使用できません。ピント拡大使用時/デジタルズーム使用時/USBストリーミング中/レンズ装着していないとき/Aマウントレンズ装着時/像面位相差AF非対応レンズ装着時

AF中のピーキング

これまでMF時のみであった動画撮影中のピーキング表示がAF時もできるようになりました。これにより、AF/MF時に関わらず、フォーカスを確認しながらの撮影がより容易になりました。フォーカスマップ機能との併用も可能です。

※ 静止画撮影時はAF中のピーキング表示は非対応です

動画撮影時、カメラまかせのフォーカスワークを可能にする「AFトランジション速度」と「AF乗り移り感度」

上位モデルのα1やα7S IIIで好評な、動画撮影中のきめ細やかなフォーカシングをサポートする「AFトランジション速度」と「AF乗り移り感度」も搭載。AFトランジション速度は、視聴者の視点を自然に操るラックフォーカスのような演出の際に有効で「7段階」の速度調整が可能です。「AF乗り移り感度」は、AF対象の被写体を瞬時に切り換えたり、あるいは、粘り強く追随する感度調整が「5段階」で設定できたり、どちらもあらかじめカスタムキーに割り当てておくことで、録画中も瞬時に設定を切り換えることが可能です。

風切り音を選択的に低減(*)(内蔵マイク)

風切り音を低減する新開発のデジタル信号処理を搭載。さらに、風音低減メニューの設定値が新しくなり、Auto/入/切の3パターンから選べるようになりました。本機の風音低減をAutoに設定すると、風音を自動で検知し、風音が検出された時だけ、風以外の音には影響を与えずに風切り音を効果的に低減します。

* 撮影条件によって効果は異なります

高音質録音が可能なデジタルオーディオインターフェース

カメラ本体の「マルチインターフェース(MI)シュー」にデジタルオーディオインターフェースを追加。別売のワイヤレスマイクECM-W2BTやショットガンマイクロホンECM-B1M、XLRアダプターキットXLR-K3Mとの組み合わせで、音声をデジタル信号のままダイレクトにカメラに伝送でき、劣化のない高音質録音を実現します。また、XLR-K3Mとの組み合わせでデジタル4chや24bitでの音声収録(*)もサポート。音声の記録フォーマットを、48kHz/16bit 2ch、48kHz/24bit 2ch、48kHz/24bit 4chから選択できます。従来のMIシュー接続と同様にケーブルフリー・バッテリーフリー仕様で、αシステムとして動画撮影時の自由度が上がります。さらに、本機ではUVC(USB Video Class)/UAC(USB Audio Class)のUSBストリーミングにも対応。デジタルオーディオインターフェースを介しカメラに伝送された高音質な音声を、オンラインコミュニケーションで活用できます。

* 4chおよび24bitの音声収録にはXLRアダプターキットXLR-K3Mが必要です

効率的な動画編集をサポートする「プロキシー記録」

XAVC S-I 4Kを含む各記録方式の動画を記録する際に、低ビットレートのプロキシー動画をHD解像度で同時記録できます。ファイルサイズの小さいプロキシー動画は、最終的な4Kオンライン編集の前にプレビューを編集するために使用でき、PCへの負荷を軽減し、作業効率を高めます。記録方式は目的に応じて、10bit記録可能なXAVC HS(1920 x 1080)、または8bitのXAVC S(1280 x 720)を選択できます。

※ CFexpress Type Aメモリーカードが必要です。以下の場合、プロキシー記録はできません
通常動画の場合
-[記録フレームレート]が[120p]以上のとき
スロー&クイックモーション動画の場合
-[記録フレームレート]が[120p]以上のとき
-[フレームレート]が[120fps]以上のとき

ピックアップ

カタログPDFダウンロード
デジタル一眼カメラα(アルファ) サイトマップ
カメラ本体
Eマウントレンズ
マクロレンズ(Eマウント用)
コンバーターレンズ(Eマウント用)
Aマウントレンズ
マクロレンズ(Aマウント用)
テレコンバーター(Aマウント用)