商品情報・ストアサウンドバー/ホームシアターシステムHT-A9特長 : 高音質技術
特長 : 高音質技術

ソニー独自の立体音響技術「360 Spatial Sound Mapping」

ソニー独自の立体音響技術「360 Spatial Sound Mapping」(サンロクマル スペーシャル サウンド マッピング)は4体のリアルスピーカーからの音の波面を合成し、最大12個のファントムスピーカーを生成します。また、音場最適化技術により、スピーカー間や天井までの距離を内蔵マイクで自動計測し、スピーカーの置かれている空間を把握。その情報を元に広大な音場空間を創り出し、リビングが音で満たされるような360立体音響を体験できます。そして、映画のワンシーンの中に自分がいるような圧倒的な臨場感を楽しめます。

※ イメージです
※ イメージです

広大なサラウンド音場と迫力の低音を再生するスピーカー

スピーカーはウーファー、トゥイーター、イネーブルドスピーカーの3WAY構造です。中央のウーファーは新開発の「X-Balanced Speaker Unit」(エックスバランスド スピーカーユニット)を採用し力強く広がりのある低音を再生します。トゥイーターはハイレゾに対応しクリアなサウンドを再生。上部のイネーブルドスピーカーも「X-Balanced Speaker Unit」を採用。天井の反射を利用し立体的な音場を形成します。また側面にはエッジバッフル構造を採用し、筐体の振動を防ぎノイズを発生させないようにしています。

音場最適化技術でかんたんセッティング

HT-A9は、内蔵の計測用マイクと測距音で部屋に設置したスピ-カー間の距離と天井までの距離を計測し、お部屋に合わせた音場空間を自動で生成します。測距用のマイクを用意したり、別途アプリケーションを用意したりする必要もありません。TVとHDMIで接続し、TV画面に表示される案内したがってリモコンを操作するだけでかんたんにセッティングが可能です。

※ イメージです
※ イメージです

最新の音声フォーマット「ドルビーアトモス」「DTS:X(R)」に対応

従来のチャンネルベースに音の位置情報や移動情報(オブジェクト情報)を加えた、最新の音声フォーマット「ドルビーアトモス」「DTS:X(R)」に対応しました。前後左右を中心とした従来のサラウンド音場に対して、高さ方向の表現力を加えた3次元の立体音響技術により、全方位からの音に包みこまれるリアルな音響空間を楽しめます。

※ サラウンドをご自宅で十分にお楽しみいただくために、視聴位置からスピーカーまでの距離やスピーカーの音量を設定することが可能です
※ Dolby、ドルビー、Dolby Atmos、Dolby Vision、“AAC” ロゴおよびダブルD記号はドルビーラボラトリーズの商標です
※ DTS の特許については こちら をご覧ください
DTS社 からの実施権に基づき製造されています。DTS、シンボル、DTSおよびシンボルの組み合わせ、DTS:XおよびDTS:Xロゴは米国および他の国々で登録されたDTS 社の登録商標または商標です。(C) DTS, Inc. All Rights Reserved.

2chコンテンツもボタンひとつで没入感を向上しサラウンドサウンドを楽しめる「Immersive Audio Enhancement」

あらゆるコンテンツに対して、横からだけでなく上からも包み込まれるような体験ができるようになります。テレビ放送などに多い2チャンネル信号に対しても動作します。

※ イメージです
※ イメージです

8K信号とHDR信号、4K120のパススルーに対応(*)

入力された8K HDR/4K120信号を、そのままテレビへ送信する「8K HDR/4K120パススルー」に対応。さらに、8K/4K HDRロゴ搭載のモデルではHDR信号にも対応し、HDRの高画質映像を高音質とともに楽しめます。

* 下記信号のパススルーに対応しています
(8K 24/25/30/50/60Hz, 4K 24/25/30/50/60/100/120Hz)映像ソース機器側の出力信号仕様および映像表示機器側の入力信号仕様もあわせてご確認ください。8Kや4K 120等の伝送には同梱ケーブルあるいはUltra High Speed HDMIケーブルを推奨します

臨場感あふれるゲームや映画を楽しめる

2022年春に公開予定のファームウェアアップデートにより、本製品を介してテレビ「BRAVIA XR(TM)」と「PlayStation(R)5」(*1)(*2) を接続したときも、「オートHDRトーンマッピング」や「コンテンツ連動画質モード」による最適な画像設定で、臨場感あふれるゲームや映画鑑賞が楽しめます。

※ 画面はイメージです
※ 画面はイメージです

*1 PlayStation(R)5とBRAVIAの両方でソフトウェアアップデートが必要です
*2 Horizon Forbidden West(TM):Releasing 02/18/2022. (C)Sony Interactive Entertainment Europe.
  Published by Sony Interactive Entertainment Inc. Developed by Guerrilla.

低音や没入感のあるサウンドを拡張できるオプションスピーカー

自分の好みや環境に合った低音・サラウンドサウンドに拡張するためサブウーファー2種類を別売りでご用意。サブウーファーはホームシアターシステムからの低音に加えて、より深く迫力のある低音をプラスすることができます。

※ SA-SW5とHT-A9を組み合わせて使用したイメージです
※ SA-SW5とHT-A9を組み合わせて使用したイメージです

全方位から音が降りそそぐ、新たな臨場感「360 Realty Audio」

360 Realty Audio(サンロクマル・リアリティオーディオ)は、オブジェクトベースのソニーの360立体音響技術を使った新しい音楽体験。ボーカルやコーラス、楽器などの音源一つひとつに位置情報をつけ、球状の空間に配置。アーティストの生演奏に囲まれているかのような没入感のある立体的な音場を体感できます。

※ イメージです
※ イメージです

※ 360 Reality Audioのコンテンツを再生するには、Wi-Fiネットワーク接続が必要です。Bluetooth接続では再生できません
※ “Sony Music Center”で360 Reality Audioを提供しているストリーミングサービスを確認することができます。国や地域によってはサービスが存在しない場合があります
※ いずれも定額課金制サービス。サービスのご利用に際し、月額料金がかかります
※ 製品でご利用可能なサービスは、予告なく変更・停止・終了することがあります。また、第三者が提供するサービスについて、ソニーはいかなる責任も負いかねますのであらかじめご了承ください

CDを超える高音質を実現する「ハイレゾ音源」に対応

ハイレゾ音源とは、音楽CD(44.1kHz/16bit)を超える情報量を持つ音楽データのこと。音楽CDではカットしてしまう音も収録できるので、今まで聞こえなかった曲のディテールやニュアンスまでも肌で感じることができます。まるでレコーディングスタジオやコンサートホールで聞いているかのような、かつてない臨場感を体感できます。

新たにAI技術を組み込みあらゆる音源にハイレゾ級の臨場感をもたらす「DSEE Extreme」

MP3やCD、ストリーミングなどの圧縮音源を、膨大な楽曲データを学習しているAI(人工知能)技術により、リアルタイムに分析。楽曲のジャンルや楽器などの情景に合わせて最適にハイレゾ級の高音質にAI(人工知能)技術でアップスケーリングします。圧縮により失われた音源本来の周波数特性をより高精度に再現することで、臨場感あふれる高音質をお楽しみいただけます。

※ サウンドフィールドが[オートサウンド]または[ミュージック]のときに働きます
※ 44.1 kHz または 48 kHzの2チャンネルデジタル入力信号入力時に働きます
※ DSD信号時には無効となります
※ テレビ、HDMIまたはアナログ入力が選ばれている場合は、この機能は働きません
※ Chromecast built-in使用中は、この機能は働きません
※ [Bluetoothモード]で[送信]が選ばれている場合、この機能は働きません

ソニーストアで購入すると

ソニーストアはメーカー保証内容<3年>付き

220,000 円(税込)

関連コンテンツ

カタログPDFダウンロード
サウンドバー/ホームシアターシステム サイトマップ
サウンドバー/ホームシアターシステム