商品情報・ストアサウンドバー/ホームシアターシステムHT-A8000特長

サウンドバー/ホームシアターシステム

HT-A8000
サウンドバー

HT-A8000

HT-A8000
  • 商品トップ
  • 特長
  • 主な仕様
  • 対応商品・アクセサリー

映画館のような広大な音場を生成する立体音響技術「360 Spatial Sound Mapping」

ソニー独自の立体音響技術「360 Spatial Sound Mapping」(サンロクマル スペーシャル サウンド マッピング)は、3つのリアルスピーカーからの音の波面合成により複数のファントムスピーカー(仮想音源)を生成します。また、音場最適化技術により、天井・側壁までの距離を専用アプリを用いて計測し、スピーカーの置かれている空間を把握。その情報を元に広大な音場空間を創り出し、リビングが音で満たされるような360立体音響を体験できます。そして、映画のワンシーンの中に自分がいるような圧倒的な臨場感を楽しめます。さらに別売りの専用リアスピーカーを組み合わせて使用することで、後方にもリアル/ファントムスピーカーの音源を配置することができ、音に包み込まれるような圧倒的な臨場感でコンテンツに没入することができます。

※ 画像はリアスピーカー「SA-RS5」と組み合わせた際のイメージです
※ 画像はリアスピーカー「SA-RS5」と組み合わせた際のイメージです

新開発のスピーカー構成により、音の明瞭感とサラウンド感が進化した1本バースピーカー

1本バータイプのスピーカーには11基のスピーカーユニットを搭載し、高音質と筐体の小型化を両立しています。フロント/センタースピーカーにはトゥイーターとウーファーからなる2ウェイスピーカーを採用し、音の解像度と明瞭感を向上。従来モデル(HT-A5000)と比較してサウンドバー本体部分の小型化を実現しています。また、広がりのあるサラウンドサウンドを実現するサイドスピーカーとオーバーヘッドサウンドを実現するイネーブルドスピーカーを搭載し、臨場感ある立体音響を楽しむことができます。

※ イメージです
※ イメージです

視聴環境にぴったりの音響特性へ、進化した自動音場最適化機能

専用アプリ「BRAVIA Connect」からサウンドフィールド最適化を実行することで、天井と両側の壁までの距離を自動で計測。理想的な音響特性に自動調整します。また、視聴位置に応じた測定・最適化もアプリを通して簡単な操作で行うことができ、ご自宅の視聴環境にぴったりの音響でお楽しみいただけます。

※ イメージです
※ イメージです

※ 別売りオプションスピーカーを接続した場合、オプションスピーカーの距離も自動で計測します ※ 別売りサブウーファーやリアスピーカーをご使用の場合は、すべてのスピーカーを無線接続した状態で音場最適化を行ってください

アコースティックセンターシンク

「アコースティックセンターシンク」により、ブラビアの最新対応モデルをセンタースピーカーとして駆動できます。センタースピーカーとしてテレビからも音を出すことで、定位感が向上し、より臨場感のある体験が可能です。 アコースティックセンターシンク対応ブラビア:S-センタースピーカー入力端子搭載モデルについて詳しくは ブラビア商品ページをご確認ください。

※ イメージです
※ イメージです

低音やサラウンドサウンドを拡張できるオプションスピーカー

自分の好みや環境に合った低音・サラウンドサウンドに拡張することができる別売りのサブウーファーとリアスピーカーをラインアップ。サブウーファーはサウンドバーからの低音に加えて、より深く迫力のある低音をプラスすることができます。リアスピーカーは、後方からのリアルサラウンドを加えることにより、さらに臨場感豊かにサラウンドサウンドを楽しむことができます。サブウーファーとリアスピーカーはお好みに合わせて自由に組み合わせることができ、サウンドバーとワイヤレス接続により配線不要で使用することができます。

映画館のような広大な音場を生成する立体音響技術「360 Spatial Sound Mapping」

ソニー独自の立体音響技術「360 Spatial Sound Mapping」(サンロクマル スペーシャル サウンド マッピング)は、3つのリアルスピーカーからの音の波面合成により複数のファントムスピーカー(仮想音源)を生成します。また、音場最適化技術により、天井・側壁までの距離を専用アプリを用いて計測し、スピーカーの置かれている空間を把握。その情報を元に広大な音場空間を創り出し、リビングが音で満たされるような360立体音響を体験できます。そして、映画のワンシーンの中に自分がいるような圧倒的な臨場感を楽しめます。さらに別売りの専用リアスピーカーを組み合わせて使用することで、後方にもリアル/ファントムスピーカーの音源を配置することができ、音に包み込まれるような圧倒的な臨場感でコンテンツに没入することができます。

※ 画像はリアスピーカー「SA-RS5」と組み合わせて使用した際のイメージです
※ 画像はリアスピーカー「SA-RS5」と組み合わせて使用した際のイメージです

新開発のスピーカー構成により、音の明瞭感とサラウンド感が進化した1本バースピーカー

1本バータイプのスピーカーには11基のスピーカーユニットを搭載し、高音質と筐体の小型化を両立しています。フロント/センタースピーカーにはトゥイーターとウーファーからなる2ウェイスピーカーを採用し、音の解像度と明瞭感を向上。従来モデル(HT-A5000)と比較してサウンドバー本体部分の小型化しを実現しています。また、広がりのあるサラウンドサウンドを実現するサイドスピーカーとオーバーヘッドサウンドを実現するイネーブルドスピーカーを搭載し、臨場感ある立体音響を楽しむことができます。

※ イメージです
※ イメージです

高音質と力強い音圧を実現する、「X-Balanced Speaker Unit」搭載

音の歪(ひず)みを低減するため楕円形の振動版を採用した「X-Balanced Speaker Unit」を8基搭載。音の解像感が向上し、クリアな高音質を再現します。フロント/センタースピーカー部のウーファー・サイドスピーカー・イネーブルドスピーカーのそれぞれに「X-Balanced Speaker Unit」を採用しています。

※ イメージです
※ イメージです

広がりのあるサラウンドを実現するサイドスピーカー搭載

バースピーカーの両側面にサイドスピーカーを搭載。壁に音を反射させることでワイドなサラウンドサウンドを実現し、広がりのある音場と豊かな臨場感をもたらします。

※ イメージです
※ イメージです

立体音響を実現するイネーブルドスピーカー搭載

バースピーカーの左右にイネーブルドスピーカーを搭載。天井に音を反射させることでオーバーヘッドサウンドを実現します。天井にスピーカーを設置することなくシンプルな設置で3次元の立体音響が可能です。

※ イメージです
※ イメージです

視聴環境にぴったりの音響特性に、進化した自動音場最適化機能

専用アプリ「BRAVIA Connect」からサウンドフィールド最適化を実行することで、天井と両側の壁までの距離を自動で計測。理想的な音響特性に自動調整します。また、視聴位置に応じた測定・最適化もアプリを通して簡単な操作で行うことができ、ご自宅の視聴環境にぴったりの音響でお楽しみいただけます。

※ イメージです
※ イメージです

※ 別売りオプションスピーカーを接続した場合、オプションスピーカーの距離も自動で計測します ※ 別売りのサブウーファーやリアスピーカーをご使用の場合は、すべてのスピーカーを無線接続した状態で音場最適化を行ってください

低音やサラウンドサウンドを拡張できるオプションスピーカー

自分の好みや環境に合った低音・サラウンドサウンドに拡張することができる別売りのサブウーファーとリアスピーカーをラインアップ。サブウーファーはサウンドバーからの低音に加えて、より深く迫力のある低音をプラスすることができます。リアスピーカーは、後方からのリアルサラウンドを加えることにより、さらに臨場感豊かにサラウンドサウンドを楽しむことができます。サブウーファーとリアスピーカーはお好みに合わせて自由に組み合わせることができ、サウンドバーとワイヤレス接続により配線不要で使用することができます。

最新の音声フォーマット「ドルビーアトモス」「DTS:X(R)」に対応

従来のチャンネルベースに音の位置情報や移動情報(オブジェクト情報)を加えた、最新の音声フォーマット「ドルビーアトモス」「DTS:X(R)」に対応しました。前後左右を中心とした従来のサラウンド音場に対して、高さ方向の表現力を加えた3次元の立体音響技術により、全方位からの音に包みこまれるリアルな音響空間を楽しめます。

※ サラウンドをご自宅で十分にお楽しみいただくために、視聴位置からスピーカーまでの距離やスピーカーの音量を設定することが可能です ※ Dolby、ドルビー、Dolby Atmos、Dolby Vision、“AAC” ロゴおよびダブルD記号はドルビーラボラトリーズの商標です ※ DTS の特許については下記リンクをご覧ください DTS社 からの実施権に基づき製造されています。DTS、シンボル、DTSおよびシンボルの組み合わせ、DTS:XおよびDTS:Xロゴは米国および他の国々で登録されたDTS 社の登録商標または商標です。(C) DTS, Inc. All Rights Reserved.

進化したアップミックス技術により、ステレオコンテンツも3次元の立体音響で楽しめる

新開発のソニー独自のアップミキサーにより、情報量豊富なオブジェクトベースのオーディオコンテンツだけでなく、普段視聴しているテレビ番組やストリーミングサービスなどの2ch(ステレオ)コンテンツでも臨場感あふれる立体音響で楽しむことができます。

※ イメージです
※ イメージです

CDを超える高音質を実現する「ハイレゾ音源」に対応

ハイレゾ音源とは、音楽CD(44.1kHz/16bit)を超える情報量を持つ音楽データのこと。音楽CDではカットしてしまう音も収録できるので、今まで聞こえなかった曲のディテールやニュアンスまでも肌で感じることができます。まるでレコーディングスタジオやコンサートホールで聞いているかのような、かつてない臨場感を体感できます。

圧縮音源をAI技術でより高精度にアップスケールする「DSEE Ultimate」

CDやMP3、ストリーミングなどの圧縮音源を、最適にアップスケールします。膨大な楽曲データを学習しているソニー独自のAI(人工知能)技術により、周波数特性をリアルタイムに分析。楽曲のジャンルや楽器などの情景に合わせて、圧縮により失われた本来の高解像度音源を高精度にアップスケールします。

※ 「DSEE Ultimate」は音源を内部的にアップスケールする技術です ※ サウンドフィールドエフェクトが[OFF]のときに働きます ※ 44.1 kHz または 48 kHzの2チャンネルデジタル入力信号入力時に働きます ※ DSD信号時には無効となります ※ テレビ、HDMIまたはアナログ入力が選ばれている場合は、この機能は働きません

リモコンが近くになくても手元のスマホからすぐに操作できるスマートフォン用アプリ「BRAVIA Connect」に対応

スマートフォン用アプリ「BRAVIA Connect」は、手元のスマートフォンからセットアップや困りごとの解決など、わかりやすく簡単に使えるコントロールアプリです。Xperia(TM)などのAndroid(TM)搭載スマートフォンやiPhoneにインストールすることで、リモコンが近くにない場合でも、手元のスマートフォンからすぐに機器の操作が可能です。セットアップ完了後も、アプリがおすすめの機能や設定、ソフトウェアアップデートなどをお知らせしてくれます。また、別売のソニー製リアスピーカーやサブウーファーを接続した場合にはアプリからセットアップが可能で設置位置に応じて音場を最適化、最高のサラウンド効果を体験できます。

※ すべての機能を利用するには、スマートフォンに「BRAVIA Connect」アプリをインストールする必要があります

ワイヤレス再生を手軽に実現する「Bluetooth(R)」

Bluetooth(R)対応によりスマートフォン、PC、ウォークマン(R)などのBluetooth(R)対応のオーディオ機器から音楽をワイヤレスで簡単に操作し、約10m以内(*)の通信が可能なので、部屋中どこからでもお好きな音楽を快適に楽しむことができます。また、本機のBluetooth(R)スタンバイ機能(*)をオンにしておけば、スピーカーの電源を切っておいてもBluetooth(R)機器で電源を入れられます。離れたところからでも電源を入れられるので、わざわざスピーカーまで近寄る必要もありません。外でヘッドホンで聞いていた音楽を家に帰ってスピーカーで続けて楽しむのも、この機能を使えば簡単にすばやくできます。

※ 通信方式:Bluetooth(R)標準規格Ver.5.2 出力:Bluetooth(R)標準規格Power Class 2 最大通信距離:見通し距離約30m(*) 使用周波数帯域:2.4GHz帯(2.4000GHz-2.4835GHz) 対応Bluetooth(R)プロファイル:A2DP(Advanced Audio Distoribution Profile)、AVRCP1.5(Audio Video Remote Control Profile) 対応コーデック(音声圧縮変換方式):LDAC、SBC(Subband Codecの略)、AAC 変調方式:FHSS 対応コンテンツ保護:SCMS-T方式 伝送帯域(A2DP):20Hz-40,000Hz(LDAC96kHzサンプリングかつ990kbpsで伝送時)、20Hz-20,000Hz(44.1kHzサンプリング時) * 通信距離は目安です。周囲環境により通信距離が変わる場合があります * 本機とBluetooth(R)機器が機器登録(ペアリング)済みの場合に「Bluetooth(R)スタンバイ機能」は有効です

ワイヤレスでもハイレゾ音質で楽しめるLDAC対応(*1)

LDAC対応機器との接続なら、従来のBluetooth(R)Audioの最大約3倍(*2)の情報量で伝送できるので、ハイレゾコンテンツも原音の細かい表現まで忠実に再現された音質でお楽しみ頂けます。

*1 LDACは日本オーディオ協会の“Hi-Res Audio Wireless”に認定されたコーデック技術です *2 Bluetooth A2DPのSBCとの比較。ハイレゾコンテンツを転送速度990kbpsで伝送する場合

さまざまなジャンルに対応した「サウンドフィールド機能搭載」

リモコンの「サウンドフィールド」をONにすると、音に包まれるような体験が可能になり、OFFにするとよりピュアなスピーカーの音色を体感できます。

人の声やセリフをアップし、聞き取りやすくする「ボイスモード」

人の声の周波数成分をイコライザー補正することで明瞭度を高め、セリフをクリアに再現。よりテレビ視聴を快適にします。

深夜の小音量時でも明瞭感のあるサウンドを実現する「ナイトモード」

深夜などの小音量時でも明瞭感のあるサウンドを得られるよう、最適なバランスに調整する「ナイトモード」。小音量でもクリアな音質で包み込まれるようなサラウンド空間を再現でき、映画などのコンテンツを臨場感豊かに楽しめます。

※ 本機の電源を切ると、ナイトモードは自動的に[切]に設定されます

自宅のリスニング環境に合わせ最適な低音を調整できる「BASSレベル」

夜間に視聴するときや、となりの部屋など周囲に音漏れが気になる場合に音量を任意の大きさに設定可能。ご自宅の環境に合わせて最適な音量で楽しめます。

HDMI2.1に対応したHDMI端子を搭載し、さまざまな機器との接続が可能

8K HDR/4K 120/4K HDRパススルー対応のHDMIの入力を1系統搭載。ブルーレイディスクレコーダー/プレーヤー、PS5/PS4などのゲーム機などを接続可能。テレビに接続する場合よりも、高音質で臨場感豊かなサラウンドを楽しめます。

8K信号とHDR信号、4K120のパススルーに対応

入力された8K HDR/4K120(*)信号を、そのままテレビへ送信する「8K HDR/4K120 パススルー」に対応。8K/4K HDRロゴ搭載のモデルではHDR信号にも対応し、HDRの高画質映像を高音質とともに楽しめます。

* 下記信号のパススルーに対応しています(8K 24/25/30/50/60 Hz, 4K 24/25/30/50/60/100/120 Hz) 映像ソース機器側の出力信号仕様および映像表示機器側の入力信号仕様もあわせてご確認ください。8Kや4K120等の伝送には同梱ケーブルあるいはUltra High Speed HDMIケーブルを推奨します

ゲームがより快適に楽しめる機能のパススルーに対応

本製品を介してテレビ「BRAVIA XR(TM)」と「PlayStation(R)5」(*1)(*2) を接続したときも、「オートHDRトーンマッピング」や「コンテンツ連動画質モード」による最適な画像設定で、臨場感あふれるゲームや映画鑑賞が楽しめます。さらに「VRR(可変リフレッシュレート)」「ALLM(自動低遅延モード)」による快適なゲームプレイを楽しむことが可能です。

※ 画面はイメージです
※ 画面はイメージです

*1 PlayStation(R)5とBRAVIAの両方でソフトウェアアップデートが必要です *2 Horizon Forbidden West(TM):Releasing 02/18/2022. (C)Sony Interactive Entertainment Europe. Published by Sony Interactive Entertainment Inc. Developed by Guerrilla.

全方位から音が降りそそぐ、新たな臨場感「360 Reality Audio」

360 Reality Audio(サンロクマル・リアリティオーディオ)は、オブジェクトベースのソニーの360立体音響技術を使った新しい音楽体験。ボーカルやコーラス、楽器などの音源一つひとつに位置情報をつけ、球状の空間に配置。アーティストの生演奏に囲まれているかのような没入感のある立体的な音場を体感できます。

※ 360 Reality Audio再生には、Amazon Fire TVをHDMI接続する必要があります

Apple AirPlay 2に対応

AirPlay 2を使って、Apple製デバイスからのストリーミングが可能になります。iPhone、iPad、Mac等から音楽などを簡単に再生できます。

※ AirPlay 2対応スピーカーを操作するには、iOS 11.4以降が必要です ※ Apple、Airplay、iPad、iPhoneおよびiPod touchは米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です

音楽ストリーミングサービス Spotifyが楽しめる Spotify Connect

楽曲数4000万曲、320kbpsの高音質を誇る音楽ストリーミングサービスSpotifyが楽しめるSpotify Connectに対応。スマートフォンなどモバイル機器からの操作で Spotify Connectに対応した機器でコンテンツをストリーミング再生が可能です。また、本機にて再生中のプレイリストをプリセット登録することで、次回から本機のメニューからの操作でプレイリストを選択してストリーミング再生することが可能です。 ※ 製品でご利用可能なサービスは、予告なく変更・停止・終了することがあります。また、第三者が提供するサービスについて、ソニーはいかなる責任も負いかねますのであらかじめご了承ください

※ Spotify Connectの利用は操作するスマートフォンやタブレットにSpotifyアプリをダウンロードし、Spotifyの有料の会員登録が必要です ※ プロバイダーや回線業者との契約・使用料は別途必要です ※ 天災、システム障害その他の事由によりサービスを表示できない場合があります

ブラビアと調和しながら映像に没入できるシンプルで美しいデザイン

シンプルで研ぎ澄まされたデザインは、ブラビアと美しく調和。さまざまな空間に溶け込みながら、洗練された存在感をもたらします。グリル部分にファブリック素材を採用した筐体は、サウンドバー表面の光の反射を防ぎ、またサウンドバー内部が透けて見えないようにすることで、映像に没入できる視聴体験を実現します。ファブリック素材は、音質を担保しながら透けにくく、耐久性・メンテナンス性に優れた素材を選定しています。

設置性を高めたコンパクトな筐体

音質やサラウンド感を損なうことなくサウンドバーの大幅な小型化を達成し、棚置きや壁掛けなどテレビ周りにすっきりと設置しやすいデザイン。サウンドバーの各部に様々な工夫を凝らすことで、従来機種との比較で約30%(*)の小型化を実現しています。主にサウンドバー本体の幅・奥行きの小型化により、設置に必要なスペースが小さくなったことでより多くの設置場所に配置することができます。

* 体積比、前機種(HT-A5000)との比較において

壁掛け対応により自由度の高いレイアウトを可能に

さまざまなリスニング環境に合わせて、より自由度の高いレイアウトが可能です。付属の壁掛けテンプレートを使用することで、バースピーカーの水平が取りやすくなります。また別売り壁掛けユニットと組み合わせることで、サウンドバーの角度調整も可能です。

※ 本体からは天井に向けてサラウンド音声が出力されます。本体からの音声がテレビに妨げられないように、本体を取り付ける位置を決めてください

アコースティックセンターシンク

「アコースティックセンターシンク」により、ブラビアの最新対応モデルをセンタースピーカーとして駆動できます。センタースピーカーとしてテレビからも音を出すことで、定位感が向上し、より臨場感のある体験が可能です。

※ イメージです
※ イメージです

ブラビアのクイック設定からサウンドバーの設定変更が可能

シアターシステム/サウンドバーを対象のブラビアに接続すると、クイック設定にシアターシステム/サウンドバーのメニューを追加できるようになります。クイック設定に表示する情報は、・サウンドフィールド ON/OFF・ボイスモード ON/OFF・ナイトモード ON/OFF

※ 画像はイメージです
※ 画像はイメージです

※ 別売オプションサブウーファー接続の場合はBass Level、オプションリアスピーカー接続の場合はRear Levelの設定メニューも追加されます

環境に配慮したパッケージと製品本体

ソニーのオーディオ製品は、優れたサウンドだけでなく、環境にも配慮して設計されています。本製品本体の複数部品には、高音質に加え、環境に配慮した独自開発の再生プラスチック(*)を採用しており、従来機種と比較して約65%のバージンプラスチックを削減しています。また、パッケージカートンの素材に再生紙や紙素材を使用し、バージンプラスチックの使用量を最小限に抑えることで、従来機種と比較して約95%のバージンプラスチックを削減しています。さらに印刷に用いるインク量も削減しており、環境負荷を最小限に抑えています。

* 再生プラスチックは、生産時期によっては使用できない場合があります

サウンドバー動作時・スタンバイ時の消費電力の削減

サウンドバーの出力状態に応じて電圧を制御することにより、動作中の電力消費量を約20%(*1)、スタンバイ時の消費電力を0.1W(*2)削減。

*1 2018年度に販売されたホームオーディオ製品の電力消費量を重量で加重平均した数値との比較において *2 前機種(HT-A5000)との比較において

ソニーストアで購入すると

ソニーストアはメーカー保証内容<3年>付き

143,000 (税込)
サウンドバー/ホームシアターシステム サイトマップ
サウンドバー/ホームシアターシステム