法人のお客様ドローン Airpeak サポート ジンバル設定ガイド(GBL-T3)

ジンバル設定ガイド(GBL-T3)

ジンバル設定ガイド

ジンバルを快適にご使用いただくためには、適切なジンバルの調整が不可欠です。以下の説明をご覧いただき、必要な設定の実施をお願いします。
ジンバルの取り付けや操作方法についてはヘルプガイド 別ウィンドウで開きますをご参照ください。

モーターパラメーターのプリセット 
※ジンバルをご使用の前に、必ず実施してください

ジンバルを正しく使用するためには、ご使用になるカメラ/レンズに合わせて適切なモーター制御用のパラメーターを入力する必要があります。

モーターパラメーターの手動調整

ご使用のカメラアクセサリー(フード、フィルターなど)を取り付けた際の重量の差分、もしくはジンバルの個体差分によってジンバルのモーターパラメーターが合わない場合はモーターパラメーターの手動調整が必要になります。
ご自身でモーターパラメーターを調整してお使いいただく際の手順を紹介します。

キャリブレーション

IMU(慣性計測装置)のキャリブレーションを実施する手順を紹介します。
通常は本キャリブレーションは実施する必要はありません。ドリフト(カメラが水平を保てない、徐々に角度がずれていくなど)の症状が起きた場合のみ実施してください。

ソフトウェア紹介

Gremsy社製ジンバルと接続し、パラメーターの変更やセンサーのキャリブレーションなどを行うことができる「gTuneDesktop」について、インストーラーを紹介します。

モーターパラメーターのプリセット

ジンバルを正しく使用するためには、ご使用になるカメラ/レンズに合わせて適切なモーター制御用のパラメーターを入力する必要があります。
本項では、モーターパラメーターの手動での入力方法と、プリセットの一括適用の方法について説明します。

  1. 「Airpeak Flight」(モバイルアプリ)を使用したモーターパラメーターの入力方法
  2. プリセットの一括適用

「Airpeak Flight」を使用したモーターパラメーターの入力方法

「Airpeak Flight」アプリを使用したモーターパラメーターの入力方法について説明します。

  • 「Airpeak Flight」アプリの画面右上の (設定)をタップします。
  • 表示された設定メニューから[ジンバル]をタップします。
  • [メインチューニング]をタップし、モーター制御用のパラメーター設定画面を表示します。
  • 各パラメーター値はスライドバーを移動、もしくは右側の値をタップすると表示されるオンスクリーンキーボードから値を入力することで変更できます。

プリセットの一括適用

モーターパラメーターのプリセットを一括して適用する方法を紹介します。

  • 「Airpeak Flight」アプリの画面右上の (設定)をタップします。
  • 表示された設定メニューから[ジンバル]をタップします。
  • [メインチューニング]をタップし、モーター制御用のパラメーター設定画面を表示します。
  • モーターパラメーター設定画面上部の[プリセットを適用]にある[開始]ボタンを押下します。
  • カメラとレンズを選択し、モーターパラメーターのプリセットを適用できます。

※モーターパラメーターのプリセット値は、フードが脱着可能なレンズについてはフード装着無しでの条件となります。また、レンズフィルターは装着有りの条件での値となります
※本製品が対応するカメラ本体およびレンズについては、対応機器でご確認ください
※プリセットを適用しても映像が安定しない場合は、必要に応じてモーターパラメーターの手動調整の映像確認で困ったときはを参照してください

モーターパラメーターの手動調整

ご使用のカメラアクセサリー(フード、フィルターなど)を取り付けた際の重量の差分、もしくはジンバルの個体差分によってジンバルのモーターパラメーターが合わない場合はモーターパラメーターの手動調整が必要になります。
本項ではモーターパラメーターの手動調整の手順をご紹介します。

モーターパラメーターの調整にはGremsy社製のパソコン用ソフト「gTuneDesktop」を使用します。ソフトウェア紹介を参照して事前にインストールしてください。

  1. モーターパラメーター
  2. ジンバルとPCの接続
  3. 「gTuneDesktop」の起動と調整初期パラメーターの入力
  4. 各軸のモーターパラメーターの調整
  5. 映像の確認
  6. 映像確認で困ったときは

モーターパラメーター

調整する各モーターパラメーターについて説明します。

  • スティフネス (STIFFNESS)
    ジンバルの水平安定性を調整するパラメーターです。(最小値0、最大値255)
    値が高すぎるとジンバルが振動しやすくなります。値が低すぎると水平安定性が低下します。
    ※ご使用になるカメラ/レンズに合わせて変更する必要があります
  • フィルター (GYRO FILTER, OUTPUT FILTER)
    ジンバルの振動を抑制する効果を調整するパラメーターです。(最小値0、最大値10)
    値が高いと振動を抑制しますが水平安定性が低下します。
  • 保持力 (HOLD STRENGTH)
    ジンバルが姿勢を保持する強度を調整するパラメーターです。(最小値0、最大値100)
    値が高いと保持する強度は増しますが、振動しやすくなります。
  • ゲイン (GAIN)
    ジンバルが水平に戻る速度を調整するパラメーターです。(最小値0、最大値255)
    値が高いと水平に戻る速度が増しますが、振動しやすくなります。

ジンバルとPCの接続

  1. モーターパラメーターを調整する前にジンバルのバランス調整を再度確認してください。もしバランス調整が出来ていない場合はスタートガイドやヘルプガイド 別ウィンドウで開きますの「ジンバルとカメラの取り付け」のページを参照して再度バランス調整を行ってください。
  2. モーターパラメーターの調整を行う際は一時的にコントロールケーブルを外す必要があります。機体の電源がオフになっていることを確認し、以下の図を参照してコントロールケーブルを外してください。

    コントロールケーブル ご注意 ロックがあるので、上下をつまみながら引き抜いてください
  3. 機体の電源を入れます。
  4. カメラの電源をオンにします(レンズのフォーカスユニットの位置が変わることを防ぐため)。
  5. お手持ちのパソコンとジンバルを付属のマイクロUSBケーブルで接続します。

「gTuneDesktop」の起動と調整初期パラメーターの入力

  1. パソコンを起動し、「gTuneDesktop」を起動します。画面上部のメニューから「Gremsy T3」を選択し、画面右下のCONNECTボタンを押下します。

  2. 接続が完了すると[SETTINGS]の画面になります。画面左上にあるLockボタンを押下してLockモードにしてください。

    ご注意

    モーターパラメーターの手動調整は全てLockモードで行う必要があります。

  3. ご使用のカメラに合わせて、以下の調整初期時のモーターパラメーターを「gTuneDesktop」のBASIC設定画面とEXPERT設定画面から入力します。

    調整初期時のモーターパラメーター表
    (ILCE-7C以外のカメラ)
    BASIC設定画面 STIFFNESS TILT 20
    ROLL 20
    PAN 20
    FILTER GYRO FILTER 1
    OUTPUT FILTER 6
    EXPERT設定画面 HOLD STRENGTH TILT 50
    ROLL 40
    PAN 50
    GAIN 180
    調整初期時のモーターパラメーター表
    (ILCE-7C)
    BASIC設定画面 STIFFNESS TILT 20
    ROLL 20
    PAN 20
    FILTER GYRO FILTER 1
    OUTPUT FILTER 6
    EXPERT設定画面 HOLD STRENGTH TILT 55
    ROLL 40
    PAN 55
    GAIN 180

    ヒント

    SETTINGSの画面にはBASIC設定画面とEXPERT設定画面があります。BASIC設定画面とEXPERT設定画面は画面中央のスライドボタンを押して切り替えます。

    BASIC設定画面

    EXPERT設定画面

各軸のモーターパラメーター調整

適切な応答となるようにオーバーシュートの有無をグラフで確認しながら、TILT→ROLL→PANの順に各軸のモーターパラメーターを調整します。

  1. グラフの表示
    画面左部の[MONITOR]ボタンを押下し、MONITOR画面を表示します。
    MONITOR画面の右側にある矢印ボタンを押下すると、グラフ画面が新しく表示されます。

    MONITOR画面

    グラフ画面

    その後、MONITOR画面上の[SETTINGS]ボタンを押下し、BASIC設定画面を表示します。
    BASIC設定画面とグラフ画面の両方がみえるように配置します。

    BASIC設定画面

    グラフ画面

  2. TILT軸のモーターパラメーターの調整
    1. ROLL軸が動かないように手で保持しながら、もう片方の手でTILT軸を+10度動かして保持します(TILT軸の角度はBASIC設定画面の画面上部に表示されます)。

      BASIC設定画面

    2. 次に、TILT軸から素早く手を離します。
    3. オーバーシュートが発生した場合はBASIC設定画面のTILTの値を上げ、再びTILT軸を+10度動かしてオーバーシュートが無くなることを確認します(1回に値を上げる量は5程度にします) 。

      BASIC設定画面

      オーバーシュートの調整

      調整前

       

      調整後

       

      ヒント

      下図のグラフ画面の例では、TILT軸のグラフが中央部を乗り越えて下側まで突き抜けている事(オーバーシュート)が分かります。

      グラフ画面

      グラフ画面

    4. この作業をオーバーシュートが無くなるまで繰り返します。値を上げすぎるとジンバルの振動の要因となるので、なるべく小さな値に設定します。
    5. 続いて、逆方向側(-10度)についてもオーバーシュートが無くなるまでTILTの値を上げます。

      ヒント

      左下図では片方の向きにはオーバーシュートがありませんが、逆向き側にはオーバーシュートが発生しています。右下図のように両方の向き共にオーバーシュートが発生しないように値を上げていきます。

  3. ROLL軸のモーターパラメーターの調整
    TILT軸と同様にROLL軸のモーターパラメーターの調整を行います。
    ROLL軸の調整の際は、PAN軸が動かないように手で保持しながら、 ROLL軸を±10度動かします。
    オーバーシュートが無くなるまでBASIC設定画面のROLLの値を上げます。値を上げすぎるとジンバルの振動の要因となるので、なるべく小さな値に設定します。

  4. PAN軸のモーターパラメーターの調整
    TILT軸と同様にPAN軸のモーターパラメーターの調整を行います。
    PAN軸の調整の際は、機体が動かないように手で保持しながら、 PAN軸を±10度動かします。
    オーバーシュートが無くなるまでBASIC設定画面のPANの値を上げます。値を上げすぎるとジンバルの振動の要因となるので、なるべく小さな値に設定します。

    ヒント

    モーターパラメーターの手動調整中はコントロールケーブルを抜いて調整するため、機体との接続が無くなります。これによりPAN軸が回転し、BASIC設定画面上のPAN軸の値が変化する可能性があります。
    上記が確認された場合(目安として-1.0度〜1.0度の範囲外となった時)、画面左上にあるPOWERボタンを押下し、ジンバルの電源を落とします。
    数秒後、もう一度POWERボタンを押下し、ジンバルの電源を入れることでPAN軸の値を0度に復帰させることができます。

映像の確認

  1. 送信機とモバイルデバイスを起動し、メインジンバルの映像を「Airpeak Flight」で確認します。映像が揺れていない事を確認してください。もし映像が揺れている場合、「gTuneDesktop」のBASIC設定画面からTILT/ROLL/PAN軸を一つずつ順番に20程度下げて、振動している軸を特定します。特定した振動している軸について、振動していた値から5〜10下げて微調整し、再度「Airpeak Flight」で映像を確認してください。
    振動が収まらない場合、機体の電源を落とし、再度バランス調整が出来ているかを確認してください。
  2. マイクロUSBケーブルを抜いて機体の電源を落とします。ジンバルとPCの接続で抜いたコントロールケーブルを元の位置に挿します。

映像確認で困ったときは

本項では、動画を撮影する際のモーターパラメーターの手動調整のヒントについて説明します。
以下で説明するパラメーター以外は調整する必要はありません。

モーターパラメーターを変更する前に以下をご確認ください。

  • ジンバルのバランスが正しく調整されていること
  • カメラプレートの三脚用ねじまたはホットシューアダプターのカメラ上部ねじが正しく固定されていること
  • モーターパラメーターのプリセットの適用後に問題がある場合
    - お使いのカメラ/レンズが正しく選択されていること
    - パラメーターが正しく反映されていること

※機種や記録方式、記録設定などによっては動画撮影時にローリングシャッターひずみが発生しやすい場合があります
動画記録方式のフレームレートの2倍か、より遅いシャッタースピードで撮影する事をお勧めします

映像がふらふらする(ぴくぴく揺れる)

ホバリングや低速での飛行中に映像がふらふらする(ぴくぴく揺れる)場合は、以下の方法で改善する場合があります。

  • スティフネスを5〜10上げる。
  • 保持力を下げる。ただし保持力を40より下げる事はお勧めしません。
    保持力を変更した場合はモーターパラメーターの手動調整を参考にスティフネスを再度調整ください。
  • ゲインを下げる。ただしゲインを150より下げる事はお勧めしません。
    ゲインを変更した場合はモーターパラメーターの手動調整を参考にスティフネスを再度調整ください。

映像に細かな振動が生じる

急な加速や減速を行った際に、一時的に映像が細かく振動する場合は以下の方法で改善する場合があります。

  • スティフネスを5〜10下げる。
  • 保持力を上げる。
    ただし保持力を55より上げる事はお勧めしません。
    保持力を変更した場合はモーターパラメーターの手動調整を参考にスティフネスを再度調整ください。

映像の解像感が落ちる

ホバリングや飛行中において、定常的に映像の解像感が落ちる場合は以下の方法で改善する場合があります。

  • スティフネスを5〜10下げる。
  • 保持力を下げる。
    ただし保持力を40より下げる事はお勧めしません。
    保持力を変更した場合はモーターパラメーターの手動調整を参考にスティフネスを再度調整ください。

映像が歪む(うねるように揺れる)

急加速時や高速での飛行中などに映像が歪んだりうねるように揺れる場合は以下の方法で改善する場合があります。

  • スティフネスを5〜10下げる。
  • 保持力を下げる。
    ただし保持力を40より下げる事はお勧めしません。
    保持力を変更した場合はモーターパラメーターの手動調整を参考にスティフネスを再度調整ください。

キャリブレーション

IMU(慣性計測装置)のキャリブレーションを実施する手順を紹介します。
通常は本キャリブレーションは実施する必要はありません。以下の症状が起きた場合のみ実施してください。

  • ジンバルがドリフトする(カメラが水平を保てない、徐々に角度がずれていくなど)
    →ジャイロキャリブレーションを実施してください。
  • ジンバルの水平初期位置が傾いている
    →加速度キャリブレーションを実施してください。
    ※加速度キャリブレーション後もジンバルの水平初期位置の傾きが残る場合は、続けてジャイロキャリブレーションも実施してください

キャリブレーションを行うためにはあらかじめお手持ちのパソコンにGremsy社製のパソコン用ソフト「gTuneDesktop」のインストールが必要です。
ソフトウェア紹介を参照して事前にインストールしてください。

ご注意

  • キャリブレーションはできるだけ水平かつ安定した場所で行ってください。
  • キャリブレーションの実行中は機体とジンバルには触れず、動かさないようにしてください。

ジャイロキャリブレーション手順

  1. 機体にジンバルを取り付け、機体の電源を入れます。
  2. ジンバルが起動後、お手持ちのパソコンとジンバルを付属のマイクロUSBケーブルで接続します。

  3. パソコンを起動し、「gTuneDesktop」を起動します。画面上部のメニューから「Gremsy T3」を選択し、画面右下のCONNECTボタンを押下します。
  4. 接続が完了すると「SETTINGS」の画面になるので「IMU」のタブを選択し、ボタンが[GYRO]側になっていることを確認します。
  5. 「CALIBRATE」ボタンを押下します。OKボタンを押下してキャリブレーションを開始します。
  6. キャリブレーション終了後POWERボタンを押下し、ジンバルの電源を入れます。

加速度キャリブレーション手順

事前準備:キャリブレーション時にジンバルを水平に保つために、上面が平らで高さが7cm~10cmの箱または台をご用意ください

  1. 電源が入っていない状態でコントロールケーブルを外します。

    コントロールケーブル ご注意 ロックがあるので、上下をつまみながら引き抜いてください
  2. 機体の電源を入れます。
  3. お手持ちのパソコンとジンバルを付属のマイクロUSBケーブルで接続します。

  4. パソコンを起動し、「gTuneDesktop」を起動します。画面上部のメニューから「Gremsy T3」を選択し、画面右下のCONNECTボタンを押下します。
  5. 接続が完了すると「SETTINGS」の画面になるので「IMU」のタブを選択し、ボタンを[ACCEL]側にします。
  6. [POWER]ボタンを押し、ジンバルの電源を落とします。

  7. ジンバルの底面を平らにするため、ジンバル底面にあるカメラ台座固定ネジを取り外します。

  8. ジンバルのピッチ軸のネジを緩めます。
  9. 準備した台を水平な面に置き、ジンバルが台の上に載るように設置します。

  10. [ADVANCE]ボタンを左にします。
  11. [CALIBRATE]ボタンを押下します。 OKボタンを押下してキャリブレーションを開始します。

  12. キャリブレーション終了後、「gTuneDesktop」を終了し機体の電源を落とします。
  13. マイクロUSBケーブルを抜き、コントロールケーブルを元のコネクタに接続します。
  14. 台を取り外し、カメラ台座固定ネジを装着します。

  15. 再度重心調整を行ってください。
    ※ピッチ軸のネジが緩んでいますのでご注意ください

ソフトウェア紹介

「gTuneDesktop」はGremsy社製ジンバルと接続し、

  • パラメーターの変更
  • センサーのキャリブレーション
  • ジンバル姿勢の表示
  • ファームウェアのアップデート

ができるGremsy社製のパソコン用ソフトです。
ご使用のためには以下のドライバーとソフトのインストールが必要となります。

インストーラーの紹介

  • USBドライバー
    以下のサイトからUniversal Windows Driverをダウンロードしてください。

    ダウンロードはこちら 別ウィンドウで開きます
    ※これより先は、Silicon Laboratories社のサイトへリンクします

  • 「gTuneDesktop」

    ダウンロードはこちら 別ウィンドウで開きます
    ※これより先は、GitHub, Inc.のサイト(英語)へリンクします

カタログPDFダウンロード
ドローン Airpeak サイトマップ