商品情報・ストアサウンドバー/ホームシアターシステムHT-A3000特長 : 高音質技術

サウンドバー/ホームシアターシステム

HT-A3000
サウンドバー

HT-A3000

HT-A3000
  • 商品トップ
  • 主な仕様

ソニー独自の立体音響技術「360 Spatial Sound Mapping」対応(*)

ソニー独自の立体音響技術「360 Spatial Sound Mapping」(サンロクマル スペーシャル サウンド マッピング)は、HT-A3000と別売専用リアスピーカーを組み合わせて使用することで、3体のリアルスピーカーからの音の波面を合成し、複数のファントムスピーカーを生成します。また、音場最適化技術により、スピーカー間や天井までの距離を内蔵マイクで自動計測し、スピーカーの置かれている空間を把握。その情報を元に広大な音場空間を創り出し、リビングが音で満たされるような360立体音響を体験できます。そして、映画のワンシーンの中に自分がいるような圧倒的な臨場感を楽しめます。

※ イメージです
※ イメージです

* 「360 Spatial Sound Mapping」を使用する場合は、別売専用リアスピーカーが必要です(専用リアスピーカーは こちら

バーチャルサラウンド技術を大画面化するTVに合わせて最適化し、サラウンド音場を拡大

高さ方向の立体音響を表現する「Vertical Surround Engine」を大画面テレビに合わせて最適化し、さらに前後左右のサラウンドを表現する「S-Force PROフロントサラウンド」を高さ方向に拡張。従来モデルに比べてサラウンド音場を拡大しました。「Dolby Atmos(R)」や「DTS:X(R)」コンテンツだけでなく、TV番組などの2chコンテンツもリモコンのボタンひとつで大画面テレビに合った臨場感あふれる3次元の立体音響をお楽しみいただけます。

※ イメージです
※ イメージです

高音質と力強い音圧を実現する「X-Balanced Speaker Unit」搭載

音の歪(ひず)みを低減するため新形状の振動版を採用した「X-Balanced Speaker Unit」を搭載。音の解像感が向上し、クリアな高音質を再現します。

※ イメージです
※ イメージです

最新の音声フォーマット「ドルビーアトモス」「DTS:X(R)」に対応

従来のチャンネルベースに音の位置情報や移動情報(オブジェクト情報)を加えた、最新の音声フォーマット「ドルビーアトモス」「DTS:X(R)」に対応しました。前後左右を中心とした従来のサラウンド音場に対して、高さ方向の表現力を加えた3次元の立体音響技術により、全方位からの音に包みこまれるリアルな音響空間を楽しめます。

※ サラウンドをご自宅で十分にお楽しみいただくために、視聴位置からスピーカーまでの距離やスピーカーの音量を設定することが可能です
※ Dolby、ドルビー、Dolby Atmos、Dolby Vision、“AAC” ロゴおよびダブルD記号はドルビーラボラトリーズの商標です
※ DTS の特許については こちら をご覧ください
DTS社 からの実施権に基づき製造されています。DTS、シンボル、DTSおよびシンボルの組み合わせ、DTS:XおよびDTS:Xロゴは米国および他の国々で登録されたDTS 社の登録商標または商標です。(C) DTS, Inc. All Rights Reserved.

全方位から音が降りそそぐ、新たな臨場感「360 Reality Audio」

360 Reality Audio(サンロクマル・リアリティオーディオ)は、オブジェクトベースのソニーの360立体音響技術を使った新しい音楽体験。ボーカルやコーラス、楽器などの音源一つひとつに位置情報をつけ、球状の空間に配置。アーティストの生演奏に囲まれているかのような没入感のある立体的な音場を体感できます。

※ イメージです
※ イメージです

※ 360 Reality Audioのコンテンツを再生するには、Wi-Fiネットワーク接続が必要です。Bluetooth接続では再生できません
※ “Sony Music Center”で360 Reality Audioを提供しているストリーミングサービスを確認することができます。国や地域によってはサービスが存在しない場合があります
※ いずれも定額課金制サービス。サービスのご利用に際し、月額料金がかかります
※ 製品でご利用可能なサービスは、予告なく変更・停止・終了することがあります。また、第三者が提供するサービスについて、ソニーはいかなる責任も負いかねますのであらかじめご了承ください

圧縮音源をAI技術でより高精度にアップスケールする「DSEE Extreme」

CDやMP3、ストリーミングなどの圧縮音源を、最適にアップスケールします。DSEE Extremeでは、膨大な楽曲データを学習しているソニー独自のAI(人工知能)技術により、周波数特性をリアルタイムに分析。楽曲のジャンルや楽器などの情景に合わせて、圧縮により失われた本来の高解像度音源を高精度にアップスケールします。

※ 「DSEE Extreme」は音源を内部的にアップスケールする技術です
※ サウンドフィールドエフェクトが[OFF]のときに働きます
※ 44.1 kHz または 48 kHzの2チャンネルデジタル入力信号入力時に働きます
※ DSD信号時には無効となります
※ テレビ、HDMIまたはアナログ入力が選ばれている場合は、この機能は働きません
※ Chromecast built-in使用中は、この機能は働きません
※ [Bluetoothモード]で[送信]が選ばれている場合、この機能は働きません

低音やサラウンドサウンドを拡張できるオプションスピーカー

自分の好みや環境に合った低音・サラウンドサウンドに拡張するためサブウーファーとリアスピーカーを別売りでご用意。サブウーファーはサウンドバーからの低音に加えて、より深く迫力のある低音をプラスすることができます。リアスピーカーは、後方からのリアルサラウンドを加えることにより、さらに臨場感豊かなにサラウンドサウンドを楽しめます。サブウーファーとリアスピーカーはお好みに合わせて自由に組み合わせて、使用することができます。

※ HT-A3000とSA-RS5、SA-SW3を組み合わせたイメージです
※ HT-A3000とSA-RS5、SA-SW3を組み合わせたイメージです

自動音場最適化機能

バースピーカーを設置して、リモコンを操作するだけで、内蔵マイクにより、スピーカー間や天井までの距離を自動で計測。理想的な音響特性に自動調整します。

※ 別売りオプションスピーカー接続した場合のみ有効になります。リアスピーカーSA-RS3Sとの接続時はサウンドバーとスピーカー間、SA-RS5との接続時は加えて天井までの距離を自動計測します
※ 別売りのサブウーファーやリアスピーカーをご使用の場合は、すべての別売りスピーカーを無線接続した状態で音場最適化をしてください

アコースティックセンターシンク

「アコースティックセンターシンク」により、ブラビアの最新対応モデルをセンタースピーカーとして駆動できます。センタースピーカーとしてテレビからも音を出すことで、定位感が向上し、より臨場感のある体験が可能です。

※ イメージです
※ イメージです

※ アコースティックセンターシンク対応ブラビア:S-センタースピーカー入力端子搭載モデル(A90J,A80J,X95J,A95K, A80K, A90K, X95K, X90Kシリーズ※50X90K非搭載)詳しくは ブラビア商品ページ をご確認ください

ソニーストアで購入すると

ソニーストアはメーカー保証内容<3年>付き

88,000 (税込)
サウンドバー/ホームシアターシステム サイトマップ
サウンドバー/ホームシアターシステム