> 有機ELテレビ/液晶テレビのお手入れについて

有機ELテレビ/液晶テレビのお手入れについて

はじめに(必ずお守りください)

画面には、反射による映り込みを抑えたり映像を見やすくするために、特殊な表面処理を施しています。

誤ったお手入れをした場合、テレビを傷つける原因にもなりますので、次のことを必ずお守りください。

  • お手入れをする前に、必ず電源プラグをコンセントから抜いてください。
  • 画面は特殊加工がされているので、なるべく画面に触れないようにしてください。
  • 本機に直接洗剤をかけないでください。
    吹きかけた洗剤が画面下部や、外装部にたれて本機が故障する場合があります。
  • 殺虫剤のような揮発性のものをかけたり、シンナー、ベンジンなどは使わないでください。
    変質したり、塗装がはげたりすることがあります。
  • ゴムやビニール製品に長時間接触させると、変質したり、塗装がはげたりすることがあります。
  • 市販の化学ぞうきんやクリーニングクロスなどを使うときは、その販売会社にご確認ください。
  • 市販のパネル用保護フィルターなどは使わないでください。

お手入れ方法(テレビ)

  • 画面や外装の汚れ(ほこり、手の脂など)は、めがね拭きなどの乾いた柔らかい布でそっとふき取ってください。
  • 万一、油性マジックなどが付着してしまった場合は、水で薄めた中性洗剤(1%を超えないように薄めてください)などに布を浸して固く絞ってふき取り、最後に乾いた布で軽く拭いてください(強くこすると、画面表面に傷がつきます)。
  • クレンザーのような研磨剤が入った洗剤は使わないでください。
  • 液晶テレビの場合、画面をふき取るときの圧力で、液晶配列が崩れて汚れのように見えることがありますが、これは電源を入れ直すと元に戻ります。
  • 本体の印字面(「SONY」「BRAVIA」のロゴ部分や、「電源」「HDMI1」などの白い文字部分)は、乾いた柔らかい布でていねいに拭いてください。
    爪などでひっかくと、印刷面に傷がつくことがあります。
  • テレビとスタンド(テーブルトップスタンド)部の間は狭いので、手を挟むことがあります。柄つきのモップなどを使用することをお勧めします。
  • 本機の通風孔付近にほこりが付着するときがありますが、付着がひどい場合、故障の原因となることがあります。掃除機などで1か月に1度、ほこりを吸い取ることをおすすめします。

お手入れ方法(リモコン)

リモコンは、ボタンの隙間の汚れは綿棒や竹串で埃やゴミを落として、乾いた布などでふいてください。

詳しくは、以下のページをご覧ください。

お手入れの際に、リモコンの電池を交換するときは、以下をご覧ください。(Android TV™ / Google TV™ の場合)

参考:リモコンの電池を交換する方法(Android TV™ / Google TV™ の場合)

  1. リモコンを裏返します。
  2. ふたをスライドさせて、2本とも新しい電池に交換します。

    * リモコンを裏返し、【1】ツマミを押しこみながら【2】ふたを開けるタイプのリモコンの場合


    * リモコンを裏返し、【1】ふた全体をスライドさせて開けるタイプのリモコンの場合


    * リモコンを裏返し、【1】ふたの一部をスライドさせて開けるタイプのリモコンの場合

関連情報

リモコンの反応が悪い(遅い、鈍い)/テレビの動作がおかしい(遅くなった)(Android TV™ / Google TV™)

> 有機ELテレビ/液晶テレビのお手入れについて