本文へ

商品情報・ストアデジタル一眼カメラ αもっとαを楽しむ レンズ特集

“αレンズ”特集

  • レンズ特集一覧へ
100mm F2.8 Macro
35mmフルサイズ

50mm マクロと100mm マクロの比較(等倍撮影)

写真

50mm F1.4 標準レンズで撮影
マクロレンズの最大の特徴は被写体の大きさを撮像素子上で等倍撮影までできること。比較対象用に50mm F1.4の標準レンズの最短撮影距離で撮影すると、この大きさまでしか撮れない。

焦点距離:50mm 絞り:F9 シャッタースピード:1/6秒

50? F2.8 macro

写真焦点距離:50mm 絞り:F2.8 シャッタースピード:1/13秒
撮影距離: 20cm

100? F2.8 macro

写真焦点距離:100mm 絞り:F2.8 シャッタースピード:1/13秒
撮影距離: 35cm

絞り開放。100mmマクロの方が撮影距離が少し長いにも関わらず、焦点距離が2倍のため被写界深度がわずかに浅く、微妙な違いが写真全体にうるおいを表現する。被写体を浮き立たせる効果としては、100mmマクロの方が有利。

50mm マクロと100mm マクロの比較:メインの被写体を同じ大きさで撮ったときの背景の違い

50? F2.8 macro

写真 焦点距離:50mm 絞り:F5.6 シャッタースピード:1/8秒

撮影倍率1/2で撮影。背景の写る範囲は50mmマクロのほうが若干広い。50mmマクロは100mmマクロと比べるとコンパクトでフットワークが良く、50mmの標準レンズとして汎用性の高い使い方ができる。また、近づいて撮影できる花や静物などのピント合わせがしやすいので、初心者の方におすすめだ。


100? F2.8 macro

写真 焦点距離:100mm 絞り:F2.8 シャッタースピード:1/8秒

撮影倍率1/2で撮影。100mmマクロは50mmマクロよりも被写界深度と背景の写る範囲が狭い。そのため、より被写体を浮き立たせて描写するシーンで使用するとよい。また最短撮影距離が長いので、柵の先の植物や昆虫など、容易に近づけない被写体のマクロ撮影で活躍する。

  • インターネットでのご購入はこちらから

本コンテンツに掲載されている写真等の無断転載・引用・借用等は堅く禁止いたします。