商品情報・ストアブルーレイディスクレコーダー ブルーレイディスクレコーダーの選び方

新作の連続ドラマ・アニメ 約1カ月前から先行予約できる ソニーは先録

「ブルーレイディスクレコーダーの選び方」トップへ戻る

おすすめの機能

かしこく録画

かしこく録画

4K放送2番組同時録画(BDZ-FBシリーズ)

BS4K/110度CS4Kチューナー内蔵なので、高精細な4K放送を録画・視聴ができます(*1)(*2)。スポーツや映画など、さまざまなジャンルの番組を美しい4K画質でお楽しみいただけます。

*1 BS・110度CSによる4K・8K衛星放送について。BDZ-FBシリーズで「BS・110度CSによる8K衛星放送」を受信する機能は搭載しておりません

*2 BS放送がすべて視聴できている場合、現在ご使用中の衛星アンテナと伝送機器のままで、NHKと民放キー局系のBS4K放送(右旋放送)を視聴できます。さらに、すべてのBS4K放送と110度CS4K放送を受信するには、別売の4K8K放送に対応した衛星アンテナ(右左旋共用)とブースターや分配器、壁面端子、分波器などの伝送機器(3224MHz対応)が必要です

かしこく録画

録画モードを選択して長時間録画(BDZ-FBシリーズの場合)

高圧縮技術H.265/HEVC採用により、BS4K/CS4K放送の長時間録画を実現。DRモード(放送波そのまま画質)以外に、XRからEERまで7つの長時間モードを搭載。番組によって、お好みの録画モードをお選びいただけます。解像度は4K画質のままです。

※ 4K放送長時間録画モードの録画は一旦DRモードで録画した後、指定した録画モードに変換します

かしこく録画

最長1カ月前から新作ドラマやアニメを録画予約

「新番組はとりあえず全て録画して、第1話を一通り見てから継続視聴する番組を決めたい…」そんな時に便利な機能です。最長1カ月前から「新作のドラマ・アニメ」を一覧表示。見たい番組を選ぶだけで簡単に録画予約が可能です。

※ 本機能を利用する場合は、ネットワークへの接続と設定が必要です

※ 関連動画が表示されるのは、インターネット接続時に録画予約(先行予約を含む)された、ドラマ・アニメガイドの新作ドラマやアニメです

※ 番組によっては、関連動画が表示されないことがあります

※ 「新作ドラマ・アニメガイド」の機能使用に関する情報送信の同意が必要です

※ クチコミデータ提供元:「Gガイド.テレビ王国」(運営:SMNメディアデザイン株式会社)

新作ドラマ・アニメガイドをお使いになるには

◎新作ドラマ・アニメガイドに表示される番組は、連続ドラマ・アニメとして放映される、地上デジタル、BSデジタル、BS4K放送の無料放送番組です。単発番組は非対象です 

◎4K放送と同じ番組が他の放送波で放送される場合、4K放送を優先して録画したい場合は、優先放送設定「BS4K放送」を選んでください 

◎放映予定日の最長1カ月前から先行予約が可能です。すべての対象番組を1カ月前から先行予約できるということではありません。お住まいの地域や番組によっては1カ月以上先の番組を予約できる場合もあります。先行予約対象の番組は、お住まいの地域(受信設定しているチャンネル)や放送局の番組編成によっては、放送日時が遅れたり、放送されない可能性があります。また、お住まいの地域で放送が確定した場合、表示される日時、チャンネル情報がお住まいの地域での放映日時、チャンネル表示に変わります

◎先行予約した番組の情報に変更があった場合は、録画予約に失敗する可能性があります

新作ドラマ・アニメガイドの便利な使い方

関連情報/クチコミランキング

<関連情報>

新作ドラマ・アニメの関連情報がわかります。番組ごとの情報ページを自動的に作成。同じシリーズの録画済み番組を一覧表示して再生したり、同じ出演者が出ている他番組、同じジャンルの話題の番組、視聴者のクチコミを表示。

<クチコミランキング>

どの番組が多くの人にクチコミされているかを、ランキング形式で最大20位まで表示。みんなのクチコミで番組の評判がわかります。

※ 本機能を利用する場合は、ネットワークへの接続と設定が必要です

※ 関連動画が表示されるのは、インターネット接続時に録画予約(先行予約を含む)された、ドラマ・アニメガイドの新作ドラマやアニメです

※ 番組によっては、関連動画が表示されないことがあります

※ 「新作ドラマ・アニメガイド」の機能使用に関する情報送信の同意が必要です

※ クチコミデータ提供元:「Gガイド.テレビ王国」(運営:SMNメディアデザイン株式会社)

※ クチコミランキングは、4K放送のみ放送される番組は非対応です

かしこく録画

キーワード登録で自動録画 『おまかせ・まる録』

「お目当てのタレントが出演している番組を、とりあえず録画したい・・・」そんな時に便利な機能です。タレント名やキーワード、ジャンルを登録しておけば、関連する番組を自動で録画(*1)。自動録画された番組は分類されるので、見つけるのも簡単。再放送の重複録画を防ぐ機能も備えています。地上デジタル、BS・CSデジタル放送に加え、新たにBS4K/CS4K放送の自動録画にも対応しました(*2)。1日最大で20件(うちBS4K/110度CS4K放送番組は最大10件)まで自動録画できます。

*1 番組表データが正しく受信されないと機能しません。また、候補が複数重なった場合、すべての番組が録画されるわけではありません。また、学習効果によって録画される番組や番組数は変わります。同じ機種を使用した場合も、使用状況によって学習効果は変わります

*2 BDZ-FBシリーズのみ

「おまかせ・まる録」の便利な使い方
<キーワードを語句登録して、手軽に文字入力(文字入力不要)>
電子番組表の番組情報からキーワードを語句登録できます。あとは、登録ワードから選ぶだけ。1文字ずつ入力せず、手軽にキーワード入力することができます。
<余計な番組の自動録画を避けたい(除外ワード登録)>
たとえば「マリア」と登録した場合、「マリアナ海溝」関連の番組も録画されます。「マリアナ海溝」を除外ワード登録しておけば、より高い精度で「マリア」の出演番組を録画できます。

「まる録辞書」収録だから、賢く検索して自動録画
「まる録辞書」とは、おまかせ・まる録機能に用いている用語集です。「おまかせ・まる録」にあなたが設定したキーワードをもとに、「まる録辞書」を使ってグループ名/メンバー名/番組名なども自動的に検索し、その結果を元に自動録画を行います。「まる録辞書」は録画済み番組や番組検索をする際も有効です。

※「まる録辞書」は、すべての出演者、グループ名、番組名に対応はしていません

※「まる録辞書」の検索でヒットしても、「おまかせ・まる録」ですべての番組が録画されるわけではありません

「まる録辞書」のココが賢い!
グループ名(=メインキーワード)にメンバー個人名:サブワードが、紐づいて収録されています。

他にも、「お笑いコンビ」「アイドルグループ」なども、グループ名とメンバー名が紐づけされて 収録されていれば、個人出演を検知して、自動録画できます。

かしこく録画

番組名で繰り返し録画予約

「ドラマを最終話まで手間なく録画したい・・・」そんな時に便利です。番組名を一度設定すれば、以降、その番組の放送日時を自動で検索して、最終話まで録画(*)します。ドラマの初回や最終回だけ放送延長されても追跡して録画ができます(*)。

* 「番組名予約」のアルゴリズムで判別できない番組名変更には対応できません

かしこく録画

同じ番組の二度録りを回避

「おまかせ・まる録」「番組名予約」設定すると、同じ番組の同一話(再放送など)の重複録画をかしこく回避します(*)。二度録り回避設定をOFFにすることも可能です。

* 同一タイトル名で、タイトルに「第2話」「#2」など、話数がタイトル情報として付与されている番組のみ適用されます

快適操作

快適操作

番組表の操作スクロールが速い(BDZ-FBシリーズ)

番組表のなめらかなスクロールを実現。カーソルのスクロール速度が、従来機種(*)比で2倍以上向上し、今までよりも短時間で録画したい放送番組にカーソルを合わせられるようになりました。

* 当社2018年モデル比。番組表左右上下スクロール速度換算

快適操作

起動が速い

「瞬間起動モード」で約0.5秒で起動します(*1)(*2)。あまり使わない時間帯を自動で学習し、消費電力の低いモードに切り替える、かしこい省エネ機能も備えています。

*1 接続しているテレビの電源がオンの状態で、ブルーレイディスクレコーダー本体のスタンバイモードを「瞬間起動」に設定時。本体の動作状況によっては、0.5秒以上かかる場合があります。「瞬間起動モード」時は、「バランスモード」時に比べて、待機消費電力が増加します

*2 「瞬間起動モード」時の待機消費電力は約16Wになります(HDMI機器制御「入」、BS/CSデジタルアンテナ出力「入」、サーバー機能「切」時

快適操作

録画した番組を自動でジャンル分け

ハードディスクに録り貯めた番組を、自動で「ドラマ」や「アニメ」などにジャンル分けします。外付けハードディスクドライブに記録したコンテンツや、ハンディカムで撮影して取り込んだ動画なども同一のリストに一覧表示されるので、見たいコンテンツをスムーズに視聴することができます。

快適操作

音声付きで早見再生

4K放送の早見再生に新対応(*)。4K放送再生中にリモコン「黄」ボタン押すと音声付きで約1.3倍で再生します。
見たいシーンをすぐに探せたり、時短して視聴したいときに便利です。

*4K放送の早見再生は2021年発売BDZ-FBシリーズのみ対応

快適操作

録画番組に自動でチャプターを作成

録画した番組の音や映像の切り替わりを検知して、自動的にチャプターを作成(*)。再生時に「次」ボタンや「前」ボタンを押せば、見たいシーンを簡単に探せます。

*スカパー!プレミアムサービスチューナーとのLAN接続による「スカパー!プレミアムサービスLink」(録画)および「CATV LAN録画」(LANダビング)した場合、シーンの切り替わりに関係なく6分単位でチャプターが作成されます

高画質

高画質

「Ultra HDブルーレイ」再生(対応モデルのみ)

解像度・色域・輝度が、従来のブルーレイを大きく超えたUltra HD ブルーレイ。まるで実物が目の前にあり、実際に風景が広がっているようなリアルな視覚体験をもたらします。

※ 4K/HDR対応のテレビに接続することで、HDRコンテンツを視聴することが可能になります

※ HDMI端子のないテレビでは利用できません

※ 4K映像を楽しむには、下記のものが必要です。「プレミアムハイスピードHDMIケーブルまたは18Gbps対応のHDMIケーブル」「HDCP2.2および4K/60pに対応したディスプレイ」

※ サウンドバー等の機器を経由して接続する場合には、それらの機器もHDCP2.2および4K/60pに対応している必要があります。また、HDR映像を楽しむにはディスプレイおよび経由する機器がHDRに対応している必要があります

高画質

ハイビジョン映像を4Kにアップコンバート(対応モデルのみ)

ブルーレイディスクや録画番組、放送中の番組のハイビジョン(*)映像を4Kにアップコンバート。超解像処理により、映像の細部までくっきりと再現します。24p、30pに加え動きがなめらかな60p出力にも対応。他社製4Kテレビでも、より美しい映像を楽しめます。

* 解像度 1920×1080、1440×1080"

高画質

4Kブラビアに最適な画質モードに自動調整 『4Kブラビアモード』

4Kブラビアにつなぐと、最適な映像に自動調整して出力します。液晶や有機ELといったディスプレイ種類判別するソニーならではの高画質機能。4K放送や4K Ultra HDブルーレイの高精細な映像をあますことなく再現します。
さらに、画質調整項目のパターンを、2018年モデルの約500から、約2500パターンに増加。画質調整の精度がアップしました。

高画質

お持ちのテレビに合わせて最適な画質に自動調整 『おまかせ画質モード』

ブラビアだけでなく、他社製テレビでも、ディスプレイ毎に判別して自動で画質調整(*)画質調整のパターンを2018年モデルの約500から、約2500に増やし、4K放送などの新しい映像ソース(HEVC)の8つの録画モードにも対応。

* ディスプレイ設定で選択したディスプレイに合わせた画質に調整

スマホ・パソコンとつながる

スマホ・パソコンとつながる

外出先から録画・視聴

スマートフォンで、どこでも録る・見る「Video & TV SideView」アプリひとつで快適操作。

・放送中の番組や録画した番組を好きな場所で見る
・録画した番組を転送して持ち出して見る
・外出先から録画予約する

「Video & TV SideView」アプリなら、すべての操作をいつでもかんたんに行えます。人気の番組を「予約ランキング」から録画したり、見たい番組から関連番組、関連コンテンツ検索も簡単に行えます。4K放送の録画予約にも新たに対応します(*)。

* 最新の「Video & TV SideView」アプリをダウンロードしてください。「Video & TV SideView」の機能/利用条件などは、ソニーブルーレイディスクレコーダーサポートページをご覧ください(sony.co.jp/tsvapp/

スマホ・パソコンとつながる

録画した番組をワイヤレスでスマホに転送して視聴

「ワイヤレスおでかけ転送(*1)(*2)」で、スマートフォンやタブレットに1時間番組なら約2分30秒(*3)で高速転送。転送用の番組データは自動生成され、持ち出したい時は番組を選ぶだけでOK(*4)。スマートフォンやタブレットに番組データを保存するため、パケットを消費することなく電波の届かない場所でも視聴することができます。子どもと長時間おでかけをする時にも便利です。

*1 ワイヤレスおでかけ転送した番組は本機に戻すことはできません

*2 家庭の無線LAN経由で、あらかじめ番組を転送しておく必要があります

*3 「録画後自動作成」設定を「入」にして、録画モード「QVGA0.3M」で録画した番組。録画終了後に自動生成されている必要があります

*4 「録画後自動作成」設定を「入」の場合。機器の動作状況によってはおでかけ転送用のファイルの作成が終わっていない場合があります

※ スマートフォンなどモバイル端末へ転送した番組は、予め本体設定した「おでかけモード」画質(VGA2.0M/VGA1.0M/QVGA0.7M/QVGA0.3M)のいずれかになります

スマホ・パソコンとつながる

録画した番組をパソコンで視聴したい

ブルーレイディスクレコーダーとパソコンの連携が進化。テレビやアンテナがない部屋からでも、有線/無線LANに接続したパソコンより本機をご利用いただけます。録画番組や放送中の番組を見ることができ(「家じゅうどこでも視聴」に対応)、パソコンならではの使い勝手で録画番組や録画予約の管理をかんたんに行えます。録画番組をメディアに書き出したり、パソコンに転送して持ち出すこともできます。「PC TV Plus アドバンスドパック」を追加することで、「外からどこでも視聴」にも対応します。

※ 本機とパソコンをホームネットワークで接続する必要があります。

※ PC TV Plusは、PC TV with nasne(TM)の後継アプリです。PC TV with nasne(TM)を既にお使いのお客様は、無料でそのままPC TV Plusへアップグレードいただけます。提供に関して詳細は、こちら https://www.sony.jp/playstation/store/products/nasne/pcnasne-dl/>a より案内いたします

カメラ動画・静止画取り込み

カメラとつながる

カメラ動画・静止画をパソコンを使わずに取りこめる

4K(*1)ハンディカム(R)やアクションカムなどで撮影した高精細な4Kカメラ動画を、USBケーブルで簡単に取りこめます。4Kもフルハイビジョン動画(AVCHD)も同時取りこめます。

また、静止画取りこみ/4K出力にも対応します。次回取りこみ時からは新たに撮影した動画のみ「差分取りこみ」。取りこんだ動画は「サムネイル表示」されるので、選ぶのもかんたんです。

*1 水平3,840×垂直2,160画素

*2 USB接続による4Kカメラ動画(MP4)の取りこみは、対応したハンディカム(R)、アクションカムなどで行えます

*3 データ(MP4)形式でのダビング

*4 4倍速以上のブルーレイディスクにダビングすることをおすすめします。4倍速未満、もしくはブルーレイディスクに汚れや傷があるなど状態が悪い場合、再生時に映像が乱れたり、音声が途切れたりすることがあります。そのような場合は、本機に取りこむと安定して再生できます

カメラとつながる

取り込んだ画像を録画リストで管理してすぐに視聴

カメラから取り込んだ動画は、「録画リスト」で4Kカメラ動画もフルハイビジョン(AVCHD)動画も一括管理。見たい動画がすぐに見つかります。

カメラとつながる

取り込んだ映像をかんたん編集

チャプター編集

映像を取りこんで編集し、思い出の名場面集を簡単に作れます。映像をハードディスクに取りこむ際に、撮影の開始点を自動で検出してチャプターを作成。「チャプター編集画面」で、不要な部分を簡単に削除可能です。

※ 60p、24p、60iなどフレームの異なるシーンを混在させる編集はできません

※ AVCHDで取りこんだ映像のみ

その他の便利機能

その他の便利機能

ケーブルテレビ放送を録画

ケーブルテレビセットトップボックス (ケーブルテレビチューナー)をLANケーブルで接続することにより、ケーブルテレビセットトップボックスの番組表と連動した録画が可能になります。

※ ご利用には対応のセットトップボックスが必要です

※ CATVで受信した4K放送は録画できません

その他の便利機能

「外付けハードディスクドライブ対応」(SeeQVault(TM)対応)

最大6TBの外付けハードディスクドライブ(別売)で、録画容量を後から簡単に増やせます。また、ソニーなら本機に登録したSeeQVault(TM)対応の外付けハードディスクドライブへの直接録画が可能です。

※ ブルーレイディスクレコーダーおよび外付けハードディスクドライブのいずれもSeeQVaultに対応している必要があります

※ 本機に登録したSeeQVault(TM)対応の外付けハードディスクドライブ

※ 4K放送はSeeQVault(TM)対応の外付けハードディスクドライブには録画/ダビングはできません

*1 ブルーレイディスクレコーダーおよび外付けハードディスクドライブのいずれもSeeQVaultに対応している必要があります

*2 本機に登録したSeeQVault(TM)対応の外付けハードディスクドライブ

*3 4K放送はSeeQVault(TM)対応の外付けハードディスクドライブには録画/ダビングはできません

USB3.0対応
高速なUSB3.0規格に対応。たとえば外付けハードディスクドライブに直接、3番組(*)を録画することもできます。

外付けハードディスクドライブ録画する場合の注意:

◎複数の外付けハードディスクドライブを同時に接続することはできません

◎ご使用にはレコーダー本体への登録が必要です。あらたに登録し直すと保存されているデータはすべて消去されます

◎本機修理にともない、内蔵ハードディスクドライブ同様に外付けハードディスクドライブも初期化が必要になる場合があります。ブルーレイディスクなどにダビングしておくことをおすすめします

* 外付けハードディスクドライブへ2番組以上同時に録画する場合は、ハードディスクもUSB3.0対応である必要があります

※ その他モデルの注意点など、詳しくはソニーブルーレイディスクレコーダーサポートページをご覧ください

その他の便利機能

Wi-Fi機能内蔵

配線をしなくても、家庭の無線LANに簡単につながります。これによりブルーレイディスクレコーダーの映像が、いつでもどこでもスマートフォンやタブレットで見られます。

※ブルーレイディスクレコーダーと無線LANルーターは、有線LAN接続も可能です

4Kブルーレイディスクレコーダーのおすすめポイントをチェック!

テレビ好き家族がおすすめする 4Kブルーレイディスクレコーダー

カタログPDFダウンロード
ブルーレイディスクレコーダー サイトマップ
-->