LinkBuds | 顔を触って操作する「ワイドエリアタップ」

LinkBuds (WF-L900) 本体、または耳周辺の顔を2回または3回タップすることで、再生・一時停止、曲のスキップなどの操作が可能です。本体が小型でも、快適に操作することができます。

ヘッドホン装着横から写真で指で耳当たりの顔をタップしている写真

ワイドエリアタップ機能を有効にする

ワイドエリアタップ機能を有効にすると、ヘッドホン本体へのタップのみではなく、耳周辺の顔をタップしても操作できるようになります。

  1. Headphones Connectを起動し、スマートフォンなどとBluetooth接続する

  2. Headphones Connectの画面で、[ワイドエリアタップ]を有効にする

    ヘッドホンの突起部分とフィッティングサポーターの穴を合わせている写真 ヘッドホンとフィッティングサポーターの位置がしっかり合わせ合って装着できている写真

タップして操作できるヘッドホンを選択する

ヘッドホン本体、または耳周辺の顔を2回または3回タップする操作は、自分の好みに応じて、左右どちらかのヘッドホンに割り当てることができます。

* ここでは、L(左)のヘッドホンに機能を割り当てる方法を説明します。

  1. Headphones Connectを起動し、スマートフォンなどとBluetooth接続する

  2. [システム]タブを選択し、「タップ操作の機能を変更」の(設定)をタッチする

  3. L(左)を選択し、「機能」のプルダウンリストから[音量コントロール]を選択する