プレスリリース

2020年2月7日
  • 新商品

ソニーの独自技術結集で際立つ高画音質 8Kブラビア® 『Z9H』を発売

〜高画質プロセッサー「X1 Ultimate」搭載 8Kチューナー内蔵モデル〜
8K液晶テレビ ブラビア 『KJ-85Z9H』(85V型)
8K液晶テレビ ブラビア 『KJ-85Z9H』(85V型)

ソニーは、8Kチューナー内蔵 液晶テレビ ブラビア®『Z9H』を発売します。ソニーの高画質技術を結集したプロセッサー「X1 Ultimate(エックスワン アルティメット)」から生み出されるソニークオリティの8K画質や、まるで映像から音が出ているかのようなリアルな視聴体験を可能にする独自の音響技術「Acoustic Multi-Audio(アコースティック マルチ オーディオ)」など、これまでにない精細感と迫力の表現力で、映像に触れられそうなほどリアリティーの高い新たな8K視聴体験を実現します。

商品名 モデル名 型名 サイズ 発売日 価格
BS8Kチューナー内蔵
8K 液晶テレビ ブラビア
Z9H 『KJ-85Z9H』 85V型 3月7日 オープン価格

本機は、「クリエイターの制作意図を忠実に再現する」フラッグシップモデル、ブラビアMASTER Series(マスターシリーズ)です。独自のバックライト技術「Backlight Master Drive(バックライト マスタードライブ)」が圧倒的な映像のコントラストを実現するとともに、超解像エンジン「8K X-Reality PRO(エックス リアリティー プロ)」が2Kや4Kのあらゆる映像を、高精細な8K解像度にアップコンバートします。音響面では、映像と音の一体感をご家庭のサウンドシステムでも実現できる「センタースピーカーモード※1」を搭載。ご自宅に居ながら、あたかも映画館で見ているかのような臨場感を実現します。さらに本機は、次世代のゲーム機からの映像入力にも対応しています。
ソニーは、これらの独自技術を結集した8Kテレビをブラビアのラインアップに拡充し、テレビ番組もインターネット動画も、あらゆるコンテンツをかつてない高画質・高音質で楽しめる、新たな視聴環境を提供してまいります。

  • ※1:お手持ちのホームシアターシステムとの組み合わせが必要です。
主な特長
高画質技術
1. 8K商品化のために開発された高画質プロセッサー「X1 Ultimate」
8K商品化のために開発された高画質プロセッサー「X1 Ultimate」

ソニーの高画質技術を結集したプロセッサー「X1 Ultimate」は、8Kの膨大な映像の分析と処理をリアルタイムに行うことを目指し、8Kテレビの商品化に向けて開発されました。被写体それぞれに対して最適に高精細化する「オブジェクト型超解像」処理で、ノイズを抑えながら細部まで精細感を高め、より現実に近い、究極に迫る高画質を実現します。

2. 圧倒的なコントラストをもたらす独自のバックライト技術「Backlight Master Drive」
Backlight Master Drive

パネル背面に高密度に敷き詰めたLEDモジュールを独立して駆動させるソニーの独自技術「Backlight Master Drive」。細かい範囲での明暗を表現することで、際立った明るさと引き締まった深い黒のコントラストが実現できます。

3. 「8K X-tended Dynamic Range PRO(エクステンディッド ダイナミックレンジ プロ)」による精密な光のバランス調整

ソニー独自のアルゴリズムに基づき画面全体の光のバランスを精密に調整。暗い部分の電流を明るい部分に集中させることで、8Kパネルでは難しい高輝度を実現しました。「Backlight Master Drive」との組み合わせで、臨場感・立体感のある高コントラストな映像を描き出します。

4. あらゆる映像を高精細な8K解像度にアップコンバートする超解像エンジン「8K X-Reality PRO」

2Kや4Kなどのあらゆるコンテンツを8K解像度の高精細な映像に作りかえる「8K X-Reality PRO」を搭載。シーンごとに専用の8Kデータベースを参照し高精細化処理を行うことで、テレビ番組やインターネット動画なども、細部の正確な質感まで8K画質相当に引き上げます。

5. 動きの速い映像をくっきりと描き出す「X-Motion Clarity(エックス モーション クラリティー)」

LEDバックライトの発光をエリアごとに高精度に制御し、発光時間を最適化します。これにより、残像感を抑えつつ画面の明るさを確保し、よりリアリティーのある映像表現が可能になりました。

6. 独自の光学設計「X-Wide Angle(エックス ワイド アングル)」搭載で広視野角を実現

斜めから見た場合でも、正面から見た場合と同等の美しい映像が視聴できます。一般的に液晶テレビでは難しいとされていた高コントラスト・広視野角の両立を実現します。

高音質技術
1. 映像から音が出ているかのような新感覚の視聴体験「Acoustic Multi-Audio」
映像から音が出ているかのような新感覚の視聴体験「Acoustic Multi-Audio」

ソニー独自の音響技術「Acoustic Multi-Audio」が、大画面で課題となる映像と音の定位の不一致を解消します。画面の上下に4つの2ウェイスピーカー(トゥイーターとウーファーで構成)と2つのサブウーファーを搭載し、音の定位感と広がりを向上させました。8Kの映像美に加え、あたかも映像から音が出ているかのような視聴体験が、さらに臨場感を高めます。

2. 映像と音の一体感をサラウンドシステム構成時にも堪能できる「センタースピーカーモード※1
映像と音の一体感をサラウンドシステム構成時にも堪能できる「センタースピーカーモード※1

ご自宅でマルチチャンネルのサラウンドシステムを構成する際に、テレビがセンタースピーカーの役割を果たす「センタースピーカーモード」を搭載。映像と音の一体感を可能にし、ご家庭のリビングでも映画館のような迫力のあるサウンド体験を実現します。

3. 最新の音声フォーマット「Dolby Atmos®(ドルビーアトモス)」対応
Dolby Atmos

3次元立体音響を実現するドルビーアトモスに対応。アコースティック マルチ オーディオとの相乗効果で、さらに臨場感あふれる立体音響を作り出します。

独創的なデザイン
ブレード アーキテクチャー

「Blade Architecture(ブレード アーキテクチャー)」が究極の映像体験の価値を高めます。8Kの映像美を際立たせるため、ベゼル内にBlade(ブレード=刃のような薄い板)を並べ影を作り出すことで、光の影響を受けにくい漆黒のベゼルを実現しました。画面上部に新たに搭載したスピーカーもBladeの中に取り込むことで、デザインの一部として表現しています。スタンドは、筐体を支える強度を保ちながら、2枚の板で構成する最小の構造を生み出し、目の前の映像により没入できるようにしています。

優れた操作性
1. Apple AirPlay 2/HomeKit対応

Apple AirPlay 2に対応し、iPhone、iPad、MacなどのAppleデバイス上の写真・音楽・ネット動画など様々なコンテンツをブラビアにストリーミングすることができます。HomeKit対応により、Siriに話しかけて声でブラビアを操作することもできます。

2. ハンズフリー音声検索・操作対応
ハンズフリー音声検索・操作対応

テレビ本体にマイクが内蔵されているため、ブラビアに話しかけるだけで、テレビの電源オン・オフ、テレビ放送やインターネット動画の検索、画質モード・音質モードの設定変更など、ハンズフリー操作が可能です。例えば外出時や帰宅時に、身支度や荷物などで手がふさがれたシチュエーションでも、リモコンを介さずスムーズに操作が行えます。

3. ネット動画ボタンの追加など、使いやすさが向上した無線リモコン
ネット動画ボタンの追加など、使いやすさが向上した無線リモコン

テレビの受光部に向けなくても操作が可能な無線リモコンを採用。ワンプッシュで簡単にアプリが起動する「ネット動画」ボタンも「TSUTAYA TV」を加えて6つに増え、リモコンの利便性が向上しました※2。テレビ番組を見ながら、シームレスにネット動画に移動することができます。

  • ※2:電源オン・オフとチャンネルポンは、従来機種同様に赤外線により動作します。
ひろがる楽しみ方

本機は次世代のゲーム機からのHDMI映像入力にも対応しています。8Kの超高解像度映像だけでなく、4K/120fpsのハイフレームレートの映像にも対応し、滑らかな動きの表現や高速な操作への応答など、次世代のゲーム機の性能を十分に引き出します。

<先行展示のお知らせ>

今回の新商品を、ソニーショールーム/ソニーストア 銀座、ソニーストア 札幌、ソニーストア 名古屋、ソニーストア 大阪、ソニーストア 福岡天神にて、2月7日(金)より展示します。

<主な仕様や詳細に関しては、下記URLからご確認ください。>
型番(画面サイズ) 『KJ-85Z9H』(85V型)
質量:kg *(スタンド含む) 73.0(75.8)
外形寸法(幅×高さ×奥行):cm 191.3×114.1×12.0
外形寸法(幅×高さ×奥行):cm
*本体背面のスタンドを含む
191.3×122.6×43.2
消費電力(待機時):W 945(0.5)
年間消費電力量:kWh/年 855
  • 記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。
  • サービスは予告なく変更・停止・終了する場合があります。
  • 本製品の利用には、 Google社の利用規約及びGoogle社のプライバシーポリシーへの同意が必要です。
  • Google 、YouTube ロゴおよびその他のマークはGoogle LLC の商標です。
  • Netflixは、Netflix, Inc.の登録商標です。「Netflix」のご利用には契約・使用料などが別途必要です。なお、4K HDRコンテンツの視聴には、4Kコンテンツの視聴に対応した料金プランの契約が必要です。詳しい情報はこちらをご覧ください。
  • AirPlay 2、HomeKit、Siri、iPhone、iPad、Macは、米国およびほかの国々で登録されたApple Inc.の商標です。
  • Dolby、ドルビー、Dolby Atmos、Dolby VisionおよびダブルD記号はドルビーラボラトリーズの商標です。
  • TSUTAYAおよびTSUTAYA TVは、カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社の登録商標です。

関連情報

お客様からのお問い合わせ

ソニーマーケティング(株) 買い物相談窓口

TEL 0120-777-886(フリーダイヤル)
TEL 050-3754-9555(携帯電話・PHS・一部のIP電話などフリーダイヤルがご利用になれない場合)
受付時間 月〜金:9:00〜18:00 土日祝:9:00〜17:00

  • 新商品

法人向け 8Kブラビア® 『Z9G/BZ』『Z9H/BZ』を発売

〜高画質プロセッサー「X1 Ultimate」搭載モデル〜
8K液晶テレビ 法人向けブラビア 『KJ-98Z9G/BZ』 (98V型)
8K液晶テレビ 法人向けブラビア 『KJ-98Z9G/BZ』 (98V型)

ソニーは、法人向け新商品として、『Z9H』の高画質、高音質機能はそのままに、BS8Kチューナー非搭載の8K対応液晶テレビ『Z9G/BZ』ならびにBS8Kチューナー搭載の8K液晶テレビ『Z9H/BZ』を発売します。企業や美術館、展示会場のエントランスなどのサイネージ(電子看板)や、会議室のメインディスプレイ、ポストプロダクションの制作物確認用モニターなど、8Kブラビアならではの高精細さや多機能性を生かし、さまざまな市場に向け提案してまいります。

商品名 モデル名 型名 サイズ 発売日 価格
8K対応液晶テレビ 法人向けブラビア
*BS8Kチューナー非搭載
Z9G/BZ 『KJ-98Z9G/BZ』 98V型 2020年秋頃 オープン価格
8K 液晶テレビ 法人向けブラビア
*BS8Kチューナー搭載
Z9H/BZ 『KJ-85Z9H/BZ』 85V型 3月13日
  • 2月7日より受注開始いたします。受注/生産状況により納期は変動します。
主な特長
主な特長

法人向けモデルは、3年間の長期保証が標準付帯されています。また、法人向けモデル専用のお問い合わせ窓口をご用意しています。
製品の高画質・高音質技術については民生用8Kブラビア 『Z9H』をご参照ください。なお、『Z9G/BZ』のスピーカーの位置は右図のようになります。

<主な仕様や詳細に関しては、下記URLからご確認ください。>
型番(画面サイズ) 『KJ-98Z9G/BZ』(98V型) 『KJ-85Z9H/BZ』(85V型)
質量:kg
*(スタンド含む/フロアスタンド含む)
94.2(101.8/113.2) 73.0(75.8/なし)
外形寸法(幅×高さ×奥行):cm 220.2×131.1×11.1 191.3×114.1×12.0
外形寸法(幅×高さ×奥行):cm
*(スタンド含む/フロアスタンド含む)
220.2×139.5×48.6/224.0×172.5×69.4 191.3×122.6×43.2/なし
消費電力(待機時):W 1,114(0.5) 945(0.5)
年間消費電力量:kWh/年 980 855

市場推定価格(消費税を含みません)

  • 「市場推定価格」は、発売前の製品について、市場での販売価格を当社が推定したものです。
    なお、製品の実際の販売価格は、各販売店により決定されます。

関連情報

お客様からのお問い合わせ

ソニーマーケティング(株) 法人のお客様向け購入相談デスク

TEL 0120-30-1260(フリーダイヤル)
(月〜金 10:00〜18:00/土・日・祝日 休み、携帯電話・PHS・一部のIP電話などからはご利用になれない場合がございます)